日々と君

なんか君となら ずっと笑っていれそうだね

○私のジャニオタ遍歴のお話

ついに登録してしまったー!

 

春松竹の感想をつらつら書きたくて

登録したんですが

初っ端からそれもあれなので(?)まずは

10年間に及ぶ私のジャニオタ人生のお話でも

させてもらおうかなと思います...

暇つぶしにでも読んでやってください ◎

 

------------------------------------------------------------

 

始まりは2007年。

山田太郎ものがたり」の宣伝で

東京フレンドパークに出演していた

嵐の櫻井くんに一目惚れしたのがすべての始まりでございました。

 

「え?こんな王子様みたいな人いる?!」

 

もうそっから嵐の宿題くん見始めるわ

雑誌買い始めるわファンクラブ入るわで。

でも気づいたら

 

「あれ?私二宮くんばっか見てないか?」

 

そうです。気づいたら二宮担になってました。

櫻井くんを担当してたとは言えないほどの

光の速さで二宮担になってました。

 

当時はとにかくライブも当たらないし、

もちろん小学生、中学生だった私には

どうすることもできなかったので

当たらなかったらそれでお終い。また来年。

っていうオタクをしてました。

とにかく二宮くんがかっこよくて、

可愛くて、大好きで。

 

ずっと二宮担を続けて、高1も終わりかけの

大晦日のこと。私の人生を変える出来事が。

 

『僕たちはCDデビューをすることになりました!』

 

そうです。あのジャニーズカウントダウン

 

「あ、ごくせんの2人と、この子確か重岡くん...この子(望)は誰や知らんわ...。え、あれ?別々のグループじゃなかった?あれれれれ?」

 

と思うと同時に

 

「重岡くんめっちゃかっこよくなってんな?」

 

関西担になる道の始まりでした。

すぐさま検索。

 

「そうや7WEST!

神山くんと藤井くんは...?なんで...?」

 

もうそれからゴロンゴロン転げ落ちて

一気に7WESTの沼へ。

 

昔のin大阪だったり、色んな動画を見てるうちに神山くんの歌とダンスが大好きなことに気づいて。

 

「なんでこんなに素敵な人がデビューできひんの。」

 

そう思いながら待ってた2月5日。

神山くん藤井くんと濵田くんの追加の発表。

 

「よかったあああああああ!(泣)」

 

もうこの時点ですっかり神山担。

私この人応援していこう、って。

 

いつの間にか嵐さんの番組を見ることは

滅多になくなり、ファンクラブも更新することを諦め、もう神山くんとジャニーズWESTだけを応援していこう、っていう決断をして。

 

迎えた 一発めぇぇぇぇぇぇぇ!です。

 

アリーナ7列目というまさかの席。

しかもセンステまでの道が近い近い。

 

バックに付いてるみんなの中に

一際キラキラしてて、

思わず目を引かれた人がいました。

 

そうです、彼こそ西畑大吾くんです。

 

「え、めちゃくちゃアイドルやんこの子...」

 

この大勢いる観客の中で

何人が自分のことを見てるかなんてわからない。

もしかしたら全然見られてないかもしれない。

自分は決してここの主役ではない。

それでもこんなに笑顔で、大きく体を動かしてキラキラ踊ってる。

 

「素敵すぎないか?」

 

ここから大吾さんにどハマりです。

ほんまに恐ろしい。

 

まあ関西の沼にズブズブし始めたところで

私は受験生になります。

パリピポだけ参戦して、他は我慢。

 

そして受験が終わって迎えた

私の初めての関ジュの現場、

春休みスペシャルshow2016!!!

 

もちろん大吾さんを見に行きました。

ここでは彼がほとんど主役で、

「やっぱり目立つべきだよなあ!!!」

っ思ってた覚えが。

 

そして迎えたバンドコーナー

 

「おお、バンドね、ふんふん。」

 

....

 

「待って?ベースの子めっちゃかっこよくない?誰?」

 

 

公演が終わり次第速攻で

「関ジュ ベース」でエゴサかけたの

鮮明に覚えてます。

 

そう、 吉岡廉くんでした。

 

「え?何歳?同い年は確か大橋くんしかおらんから、1個上くらい?」

 

Yahoo検索。

 

「は?!え?!年下?!はあ?!?!?!」

 

当時私は「年下にハマるとかありえへん」

というよくわからん考えを持っておりまして。

 

「嘘やんほんまにありえへん...」

 

と葛藤しながらも、その日ネタをやってた

大晴がおもしろかったこともあって

DK沼へズブズブズブ。

 

迎えたANOTHER。

 

ここまではまだ大吾さんメインで見てて。

あ、吉岡くんやっぱかっこいいネ。くらいで。

 

次はジャニーズフューチャーワールド。

 

「あれ?なんか私廉くんばっか見てない?」

 

in大阪みたりなんやかんやで

廉くんにハマリ続けてた自分がとうとう

ほとんど廉くんばっか見てることに気づいて。

でも、

 

「いやでもそんな、ねえ、年下やし...」

 

ってまだ年下にハマることに

わだかまりを感じておりました。

 

そんでやってきたクリパ初日。

 

西畑フェスで目が足りなくて大混乱。

やっぱり目で追ってるのは廉くんで。

 

バンバンッ!!

 

2階の前列上手側の席で、

上手側に来た廉くんに

全力でお手振りしてたら振り返してくれて

そのまま「Are you ready? say!」に入り

「BaBaBaBaBaBa Ban!」って手で作った銃で打たれて。

 

「あ、もう無理。あかんわ。」

 

完璧にここで落とされました。アカン。

でもまだまだ自分で認めたくなくて(笑)

もう1公演入って自分の気持ち確かめよう!

って2公演目に突入。

 

結局終始廉くん見てて

吉岡担になることを決意。

ただし元から大好きな2人のことも

降りれへんという始末。

 

でも見れば見るほど、

知れば知るほど素敵で

気づいたら吉岡くんメインで掛け持ちに。

 

で、現在に至ります。

 

ほんまなにがあるかわからんよなあって。

気づいたら年下担当してました。

正直言ったら

今まで担当させてもらった誰より不安定な

人を好きになってしまったなあと思ったり。

いつ何が起きても後悔せんように

全力でこの人のことを応援しよう。

たくさん会いに行こう。

って思うようになって。

 

と、こんなに長々と誰得話しして

ほんますみません。申し訳ない。

チョロオタなのがバレバレ。

 

でも今がここまでの10年間で

一番楽しくて幸せで!ほんとに楽しい!

この時間が永遠に続けばいいって

こんなに思ったこともなかった。

 

何の話してんのかわからなくなってきました。

 

とにもかくにも、

そんなこんなで今吉岡担させてもらってます、

というお話です。

 

長々とごめんなさい!

読んでくださったみなさん、

ありがとうございました ✿