日々と君

How I wonder what you are !

○ 新しい沼のお話

 (※長たらしいのでお暇なときに…)

 

 

お久しぶりです!

 

冬(の現場時期)が終わりました。

流れるように過ぎました。

素敵なご縁のおかげでクリパ両公演とあけおめと、

どちらにも足を運ばせていただくことができましたが

残念なことにどちらにも、

自担である吉岡廉くんは不在でした。

 

"自担のいない現場には足を運ばない"

というのがオタクとしてのモットーだった私が

それを思い切り崩したのが2017年、

相変わらず崩し続けている2018年の幕開けでした。

(というか出演者明確にしないからこうなるんだわ!って言い訳したいけど明確でも多分行ってた)

 

自担がいるステージがもちろん1番。

自担を追い続けられるのが1番幸せで、

それがどれだけ幸せなことだったかを

痛感した2017年後半。

ステージに現れなくなるというのは本当に、

本当に本当に本当に辛いです。

想像以上でした。びっくりした。

幕が開けては「いないかあ」の繰り返しの冬。

出演したことのある曲では

絶対に脳裏に現れるし、なんでいないの?って

彼のいないステージに問い続けた。

彼の仲間を、「きっとみんなは吉岡くんがいない理由を知ってるんだろうな、ずるいな」

なんて思いながら眺めた時間もあった。

私はもがくしかないのにみんなは知ってるんやもん。

どれだけ嘆いてもがいてジタバタしたって

それでもそこにいないのはいないし。

おらんやんってどんだけ騒いでも出てくるわけではない。

と思うと、凹む時間がもったいなく感じて

いっそ楽しめ!と

いつの間にか自然に彼のいないステージでも

楽しむことができた自分がいたし、

全力で楽しませてくれる彼の仲間たちがいました。

いつの間にかまるっと、関西ジュニアが好きになってた。

そう思った冬の現場でした。

もちろん思うところは色々あったけれど、

楽しかったと言えた。

何回も言うけど自担に勝るものはないんだけど!

それでも、ね。

本当に、どこでなにしてんだろう。

 

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

 

いや前置きが長いねん!!!???

これも話したかったからいいんやけど!!!

タイトルやんタイトル!!!!

(っていうツッコミが聞こえました)

 

 冬にあった変化の1つ。

自担のいないステージに足を運び続けたこの冬に、

私は1つ、新しく深い沼を見つけてしまいました。

 

 

お察しの方もいるかもしれません。

というか察してる人の方が多いと思うし

書く必要があるのかとも思ったけど

成人式まで暇なこの時間に、つらつらと

書き連ねています。

 

そうです、あの独特な雰囲気を持つ

吉岡くんと同期で仲良しの彼。

 

 

 

島健くんです。

 

色んな人にびっくりされたけど

私が一番びっくりですよ本当に。

 

12月の頭にクリパ兄組にお邪魔させていただきました。

 

兄組の中だったら大吾さんか、今江くんかな?

と思いながら足を運びました。

自担のいない松竹座初体験。衝撃でした。

楽しいのに苦しくて、バンドはきちんと顔を

上げられないし、上げてもどこを見ればいいか

迷ってキョロキョロ。

朝田くんがかっこいいとわかっていても

ベースは見れるわけない。

吉岡くんじゃない誰かがベースを弾くのを

私は見れなかった。見たくなかった。

(超わがままだけど)

心にぽっかり穴があいた気すらしてしまいました。

 

 

そんな中、小コントが始まりました。

正門くん佐野くんと、小島くんの。

(龍太くんもね)

そこまで割とモヤモヤしながら見てた私が

 

ほんっっっとにお腹抱えて笑った。 

おもしろすぎない?なにこれ?

最初は"吉岡くん抜きのバンド3人"としか

認識できなくて、ちょっと怪訝な顔で見てた。

多分。いたらな〜って思ってた。

けど気づいたらめちゃくちゃに笑えてた。

特にその、小島くんがツボだった。

独特すぎる!!!何この人?!

いや前々から知ってたはずなんやけど、

そうなんやけど、改めて。

そしてなにより楽しそうな姿が頭に残った。

 

 

多分沼に入り込んだ大きなきっかけは

never だった。これはずっと言ってる。

フォロワーさんにも死ぬほど話した(笑)

まず演出・構成・振り付けが最高オブ最高。

私のツボにハマらないわけなかった。

最初は普通に大吾さんを見てたけど

まいジャニshow timeで事前に披露したとき

小島くんがかっこいいと話題になったのを

途中でふと思い出した。

 

ので、目を小島くんに移してみた。

 

どれどれ…………

 

え?横顔がヤバくない?

 

いやまあ横顔だけではない。もちろん正面も。

とにかく顔が強い。めちゃくちゃに強い。

息のんだレベルでやばかった。

美。まじで美。これは美。

気づいたら「かっこいい……」

ってめちゃくちゃドキドキしてた。

 

この日がおそらく、沼の始まりでした。

 

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

 

弟組にお邪魔したときもそう。

ぬるっと小島くんを見てた。

当たり前に沼は深まる一方だった。

MCは絶好調に面白くて

珍しく聞いたタメ口にドキッとしたりもした。

アイシテルもアンダルシアも最高にかっこよかった。

 

 

そして迎えた年明け、Happy New ワン Year

うちわが15種と聞いたとき、

正直疑いもなく小島くんと正門くんのうちわは

出るだろうと思ってた。これは買おう!と思った。

 

気づいたら念の為始発で並んでた。怖い。

まあお友達も並べるし、って思ったのもあったけど

単純に小島くんのうちわを欲しいと思ってた。

でもグッズが発表されて、うちわはなかった。

なんでだよ!!!!!クリパ頑張っただろうよ!!!!!!おい面貸せよ!!って思ってた。

だから缶バッジはしっかり買った。貢献したかった。

この時点で割と沼の深いところまで来てることに気づいた。

自担の映ってないものは買わない主義だった私が

これ以前にすでにジャニショの小島くんを

1枚買ってた時点で、まあ変化はあった。

 

公演が始まって早々、幕が開く前に

自担の不在を知った。

なんとなくいるんじゃないかと思ってたのに。

唖然呆然。

吉岡くんだけじゃなくて、吉岡くんを含む

私の大好きな4人が、誰一人としていなかった。

クリパと同じだ。またかよ。なんでだよ。

って序盤はちょっとキレてた。

でもこれまた割り切らないと楽しめない、と思って

気づいたらまた何気なく小島くんを見てた。

出てる曲は多分、ずっと追ってた。

なんなら双眼鏡で見てた。

紅白対決も、絶対小島くんのいるチームの色に

ペンライトを変えてた。

大好きなneverはペンラ振るのも忘れて

双眼鏡構えてギュッとペンラを握ってた。

 

ニコニコしながら踊ってたり

かと思ったらカッコいい曲は

バッキバキにかっこつけてくれてて

(特にアンダルシアのソロは最高だった。)

バクステを占領する正門くんと小島くんを見て

思わず「フゥ〜〜〜〜!!!!」って思ってた。

(あの出演量とポジションでうちわがないの本当におかしい。2種くらい増やせたろ、おい。)

ツボにハマるとめちゃくちゃ大口開けて笑うし

その姿を見てるこっちまで笑顔になれた。

大喜利はやっぱりツボだった。天才。

お辞儀の仕方もきれいで(と私は思った)、

他の人の宣伝なのに

「お願いしま〜す」と言いながら

小さくお辞儀する姿を1度見て、素敵だと思った。

 

めちゃくちゃに魅力に気づけた4公演だった。

終わったら「小島くんがさ!!!!」ばっかり

言ってるくらいだったし、

お友達「小島くんの見方かガチだった」らしい。

わろた。自分でも思う。

 

いや本当に、想像の何倍も沼だった。

夏のよしこじを見ながら何故気づかなかったのか。

 

 

小島くんはすごい

 

この一言に尽きる。

冬に身を持って感じたことはこれ。

気づけたことは財産だと思った。

私の冬を悲しい記憶だけにしないでくれたのは紛れもなく小島くんだった。

 

ただここまで語っておいて言うのもあれだけど

これは掛け持ちします!というブログはでないです!!!!!

ただ魅力にめちゃくちゃ気づいてしまったということ、

今の私が思ってることを

いつか振り返ることもできるようにと

だらだらと書き連ねただけのものです。

 

気分を悪くされた方がおられましたら、

ごめんなさい。申し訳ないです。

 

ただ少し小島くんのことをツイートすることも

増えるかもしれないな!と思ったので

(なんならもう増えてるけど)

お知らせというか、こういう状況にあります

と伝える意味でも書かせていただきました。

 

全部読んでくださった方がいれば、

ありがとうございます(土下座)

誰得だよな。自分の感情まとめ…。

 

 

とまあこのように、新たな沼にドキドキしつつ、

相変わらず自担の帰りを待つ日々です。

春に期待してるよ!!!!

おかえりって言わせてよ!!!!!