日々と君

How I wonder what you are !

◯ この闇を突き抜けて

今年も夏のお知らせがやってきました!やったあ!!!やっときたよ!!!ポスターの小島くんがとっても爽やか!!!小島くんと過ごす初めての夏です。ワクワク。ドキドキ。とそれだけの気持ちで過ごしたいのに久しぶりに見た「少年たち」の文字にズキズキします。キラキラの思い出。それが今となってはズキズキの元で。

 

ただの感情のなぐり書きです。重く長くなるのは先に宣言しておきますが、バーーーーッと書かせてもらおうと思います。毎度毎度はてブを吐き出し口にして申し訳ない。

 

----------------------------------------------------------------

 

いやお前しばらく考えるのやめるとか言ってたじゃん?って話なんですけど、吉岡くんの話をさせてください。ちょっと1人で抱えきれなくなった。

 

もう姿を見せなくなってからどれだけ経ったのかを数えることすら苦しくてあんまりちゃんと数えなくなりましたが、もう随分長い時間が経ったと思います。雑誌に載らなくなったのは確か10月からだったかな。最後のお仕事はおそらく産経新聞でした。悔しさを滲ませながらも前向きなことを話してくれてどんなに幸せだったか、今でも覚えています。

 

言ってしまえば、好きになったころからなんとなく「この人は永遠にアイドルでいてくれるようなタイプではないんじゃないか」と感じていました。めちゃくちゃダンスが好き!!ステージに立つのが大好き!!!って感じでもないなあと思ってたから。本当はどうだったかなんて知らないよ。心の底からアイドルというお仕事が大好きだったかもしれない。わからないけど。でも彼の口から出る特技はいつだって「ボクシング」で、「ボクシングのお仕事が欲しい」という話も、彼は何度も口にしていました。確かに得意なことでお仕事をもらえればそれはまた素敵なことだなあなんて思ってはいました。

 

そういうのを見てたからかな、ずっとアイドルとしてやっていってくれるとは限らないんじゃないかと薄々感じたりしていました。感じていたつもりではいたけどでも言霊ってあるから、私がそんなことを言ってはなから諦めてしまって、彼が本当にアイドルじゃなくなってしまったら悲しいし、願わくば私の予想なんて覆してずっとアイドルでいてくれればいい。デビューを志してくれればいい。どんどん前に出ていってくれればいい。と、思っていました。

 

だから常に不安はあったというか、「今を絶対逃してはいけない」と感じてたんです。いつか「あの時もっとちゃんと見ておけば」とか「もっと応援しておいてあげれば」とか思うのが嫌だったから。そうなる気がしてたから。一ミリも見逃さないようにしたいと思ってた。全身全霊で応援しても無駄がない人だと思うくらい、好きだった。でも正直、当時DK組と呼ばれた4人(晴晴とわれん)の中でも人気は高い方ではないのかな、と感じることも多々あった。(そんなことはなかったのかもしれないけど)まあ私は吉岡くんが世界で一番かっこよくて世界で一番素敵だと思ってたからそんなこと気にしなくてもいいか、と思ったときもあったけど、でもファンが増えないことにはどうにもならないしお仕事も増えないと気づいて、ステマシートを作ったりこのブログでも吉岡くんをステマしたり、何か彼がもっと前に出れるように力になれればと必死になった時期もありました。

 

でもそんな私が少し安心したのが、去年の夏だったんです。少年たち。仲間とはバラバラになった夏だったけど、私の中ではこれまでになく本当に本当に素敵な夏でした。色んな人から「Rhenやばいね」「Rhenかっこいいね?!」って声をかけてもらいました。嬉しくて嬉しくて、「そうでしょーーー?!」って得意げに話しました。目立てるって大きいなって実感した舞台。

 

メインの囚人チームに入れるなんて、夢にも思ってなかったから、本当にうれしかった。

 

と彼は後に、産経新聞で話してくれました。私もそうだった。ごめんね、全然期待してなかったの。正直、出れてもチームには入れないだろうと思ってた。だから本当に嬉しくて嬉しくて仕方なかった。セリフ一つ発するたびに泣きそうになるくらい、本当に嬉しかったの。今でも言葉にするのが難しいくらい。でもそれと同時に、夢にも思ってなかったんだなって、彼は自分の立ち位置をそういう風に把握してたんだなって、ちょっぴり寂しくもなったのを覚えています。自信家に見えて、案外アイドルとしての自分に自信はなかったのかな?グッズが出なかったことも含めて、康二に相談もしてたみたいだったし色々悩みも抱えてたのかな?大丈夫だよ〜、グッズだってずっと待ってるから、ゆっくりでもいいからね〜って、お手紙書かないとな、って思ってたの。産経新聞を読んで伝えたかったことは冬にお手紙に書こうと思ってた。書きたかった。

 

いつも一緒の仲間と離れ離れになった夏。その分先輩たちとの関わりも増えた夏。とにかく目立てた夏。たくさんのものを吸収して、発見して、また成長してくれたんだろうな、自信もついただろうな、と思ったんです。

 

「大丈夫だろう」と思ってしまった。まだまだステージに立ってくれる。大丈夫だ。と、思った。それが間違いだったな、そんなこと思わなきゃ良かった。今ものすごく後悔しています。

 

ここでいなくなることなんてないだろうと思った。ヨッシャここからどんどん前出ていこうぜ!!!!😆くらいの能天気なオタクになった。

 

でもご存知のとおり、その夏以降今まで、彼がステージに立つことはなかったんです。

 

何を根拠に安心したんだろう、何もわかってなかったなあ。2017年の春の最後に出した手紙には、シンメのいなくなった彼に不安を覚えて、すがるような気持ちで「これからもステージに立ち続けてください。ついて行かせてください。ずっと応援させてください。」と書いた私が、夏の最後に出した手紙には能天気に「冬も会えるの楽しみにしてます♡」なんて書いてた。バカ。なに言ってんの。でも本当に会えると信じてやまなかったんだよ。なんで突然いなくなっちゃうの。どっちかわからないまま過ごしてるこの数ヶ月がどれだけ苦しかったかわかる?なんて責めたくなるけど、優しい彼は困った顔をするんだろうな。

 

どれだけ嘆いたってもう戻れないのに一生嘆き散らかしてしまいそう。アイドルとしての彼をあまり信じてあげていなかった私がちゃんと信じてあげられるようになったことは良かったのかもしれないけど。

 

案外どんな場所にだって行けるよ

その足で踏み出せ!世界は変わる!

 

と、色んな場所で彼は歌いました。いつも力強くて、ああ本当にこの歌詞の通り、どんどん素晴らしくなるんだろうな。と見るたびに思いました。だから彼がいなくなってからこの曲が披露されるたび、胸が締め付けられました。勝手だけどね。でも大好きな彼がいつも居場所を見たら、違う子がいるんだもん。あなたが使ってたベースを持って。そりゃ苦しくもなるでしょ。

 

「宇宙に行ったライオン」もそう。私が初めて吉岡くんに心奪われたあのときに、吉岡くんが演奏していた曲でした。当時は西畑くんを見に初めて足を運んだ松竹座。バンドコーナーで見るとこに困った私がたまたま目線をやった先がベース。ほとんど一目惚れでした。うつむきがちにベースを弾いている男の子を見て「あんなかっこいい子いたかな…?」って。ほとんど西畑くん以外に興味がなかった当時の私は、それ以前にWESTさんのツアーで吉岡くんのことを見たことはあったはずなんだけど、まあ見た記憶も一切ないし顔と名前は一致してないし、その子が「吉岡廉」だとわかったのは終演後だった。「ねえあのベースの子誰?」とその日私を松竹座へ連れて行ってくれた子に思わずその場で聞いたけど答えたくれたのかすら覚えてないの(笑)一瞬にして夢中だった。担当になったのはもう少しあとのお話なんだけど。だから多分1番思い出の曲。だから2017年冬の松竹座でイントロが流れた瞬間に「あぁどうしよう」と思ったし、赤のジャケットもベースも見覚えのあるものすぎて、泣かないわけにいかなかった。大阪城ホールでも思い出の曲を聞けたのに、そこでベースを持ってるのは彼じゃなかった。象にしてもそうなんだけど、「本当にお願いだから、もう別の曲をやってくれ」と何度も何度も思ったのを覚えてます。

 

いなくなってどれだけ時間が経っても、ステージの上探してしまいます。いないのにね。どこにも、頑なにシャドーしてる吉岡くんはいないのにね。

 

私が最後に会えたのは8月23日。あまり関係もないんだけどその日の話をさせてください。

色んな人に話してるんですけど、この日の前に入った日に出したファンレターに

「色んな髪色をしてみたいと日誌に書いてらしたので、髪色の変化も楽しみにしています。個人的には銀色が見てみたいです(笑)」という希望と、「次は23日に会いに来ます!」ということを書いて出しました。

そして23日に、髪色を変えてきてくれたんです。忘れもしません。あれが銀髪だったのかはわからないけど、光の加減によっては銀にも見えて、もうどうしようかと思うくらいドキドキしたのを覚えています。最後の曲が終わって幕が下りるとき、ベースから手を離した彼が、自分の髪を両手でつまみながら「髪〜!!!」と口パクで言ったのを見かけました。双眼鏡を落としそうでしたず随分自意識過剰な話なんですがあまりにも手紙に書いたことが実現されていたせいで、めちゃくちゃ嬉しくなりました。

あれが手紙を読んでくれたからだったのかは知らないけど、なんて素敵な人!!と勝手に思ったのを覚えています。あれが現時点で最後の思い出。

 

 

ねえどこ行っちゃったの?

 

 

 最後を知ることが難しいことなんて、ジュニア担になってからずっとわかっていたつもりでした。「もうすぐ辞めます!」なんて言わせてもらえないから。しかも「辞めました」と言ってくれたり、SNSに出てこない限りわからないままになるんです。とんでもなく残酷。露出がなくなるにつれて、名前が挙がらなくなるにつれて、周りは諦めていく一方だし、「まだ言ってんのか」なんて思われないかなって思ったりもしながら、たまにポツポツと、吉岡くんの話をしていたりもします。

 

正直、まだ待ってていいのかな〜って、迷います。もう何ヶ月名前が挙がってないかな。福福が復帰して、「ザワ」という名前がたくさん挙がる中、「廉」は一言も出てこないから、テキストを読んではがっかりして、どうしたもんかなあと最近もいつも考えてます。「一緒に活動してたザワが休業中やから、俺ひとりで戻っても立ち位置ないかな…」がここ最近一番刺さった。たいちぇに罪はないよわかってる!!!!わかってる!!!!!ごめんね!!!!何も悪くない!!!でもね!!!!って思いながらワンワン泣きました。そっかあ、そうなのか、って何度もその言葉を頭の中で巡らせながら。ほんまなんぼほど泣かすねん、そろそろ前みたいに笑顔にさせてくれや。(急に口が悪い)

 

 

いつだって全力で後悔しないように応援しているつもりでも、突然いなくなられるとどうしても「もっとこうしたかった」「ああしたかった」は残るんだなって身にしみて感じてます。

後悔はつきものなのかな。これだけ長々ズラズラと話してなんの意味があるのかもわかんないのに、話し出すと止まらなくなるんです(笑)

 

それだけ本気で大好きだったし、というより今も相変わらず昔の映像見ると「ああ好きだな〜」って思うし、でも「懐かしいな」とか「ああ吉岡くんだ」って珍しいものを見るような目で見てしまうようにもなってしまって、それがすごく切ない。今はどんな髪色なのかな?背はまた伸びた?ボクシングのトレーニングは結局再開したの?釣りも相変わらずかな?

 

元気にしてるといいな。

 

お願いだからどうしてるのか教えてほしい。ずっとこのままにしないでほしい。置いてけぼりにしないでほしい。このままがきっと、一番苦しい。

 

 

とっくに思ったよりあっさり小島くんに落ちて、大好きになって、また毎日楽しく過ごしてるけどどうしてもずっとしこりは取れてくれなくて、もどかしくて、そんな毎日。自分でも思った以上に振り切れないな〜〜〜〜!!!

 

まとまりがなくなっちゃったな、でもそんなこんなで今日も考えない日はないんだよ。

 

あーーー一筋の希望でも見えてくんないかなあ?!?!?!

 

 

とにもかくにも今年の夏もどうか、素敵な夏でありますように。

 

f:id:rheeeen26:20180529200759j:image

 

○ 涙が降る夜一人じゃない 教えてくれたんだ

 

お前またはてブロ書くのかよ…………

 

って思った皆さん。すみません。

手短にツイートで報告しようかと思って

下書き作ってみたりなんやかんやしてたけど

上手くまとまらないから

だったらはてブロの方が早いなという

決断に至ったのでまた書いています…

 

本題に移りますね。

 

 

春が始まる頃、アカウントを移動して

しばらく違う方に自分の好きを向けてみよう、

今見ていたい人を見る期間にしよう、と

決断をして、このアカウントに移動してきました。

その時から、春が終わるまでに

きちんと考えて決めようと思ってたことの

決断がちゃんとできました。

 

吉岡くんのいない春、

私は結局4回松竹座にお邪魔しました。

最初はなにやってんだろうなと思ってたし

半ばヤケクソに、今を見ようとしてました。

でも4回も足を運ぼうと思った

そもそものきっかけはやっぱり小島くんでした。

もう春が始まる頃には自分でもびっくりするくらいハマりこんでたし、

この春できちんと自分の気持ちの整理を

つけられたらと思いました。

 

で、結論なんですけど。

 

小島くんの担当をさせていただこうと思います。

 

だからと言って吉岡くんを降りるわけでも

なんでもなくて、掛け持ちになってしまうんですけど。バンド掛け持ち…我ながらとんでもないです…。

 

ただこの春小島くんをたくさん見て、

この人が好きだなと思ったし、

見ていて純粋に楽しい!ってめちゃくちゃ思ったし

公演が終わればまた次まで

「小島くんに会えるから頑張ろう」と

バイトも部活も頑張れたし

応援したいな〜、と真剣に思いました。

知れば知るほど、見れば見るほど素敵でした。

きっと吉岡くんが帰ってきてくれても

小島くんのグッズを買うのもやめないし

小島くんかっこいい(泣)って言い続けてるだろうし

ご存知の通り私は吉岡くんに対して激重のオタクなので

平等に、といけるかはわからずとも

小島くんのことも大好きでいるだろうな、

とこの春で思った上での結論です。

 

ほんまにとんでもない沼にハマったな…………

 

もうこの春のツイートを見て頂いていれば

わかるかと思いますが

ほとんど担当かのように生きてきてたので

つぶやくこともさほど変わらないかとは思います(笑)

ただ中途半端はやめてちゃんと担当として、

応援していきたいなと思いました。

 

で、あと1つ。(まだあるのかよ)

 

お察しの通り、長らくの推しの山本琉輝くん

これまたメキメキと成長しているのを感じた春でして。

夏は出番も少なかったし吉岡くんと出番被りも多かったし、

冬も冬で私は小島くんばっかり見てて

ちびたちだけの時くらいしか見れなかったし

ほとんどまあ見れてなかったんですけど…

この春割と小島くんと出番が被ってなくて

結構見れて。

大人っぽくなってたり、ダンスも表現力も表情も、私の記憶の中にある琉輝くんとはまた違っていて、うわーーーー!!!って感じで。(語彙力)

やっぱりもっと前に出てもいい子なのにな、と感じたり。

(ポスターも長らく載ってないし、まいジャニshow timeにももう長らく出てないんです)

今まで以上に、「この子はすごいぞ!」って

気持ちが大きくなってきて

明らかに琉輝くんのツイートをする回数も増えてて(笑)

うるせえなあという感じかもしれませんが

彼のことも引き続きゆるっと応援していけたらなあ、と思います。

 

 

よしこじ担の琉輝推しで生きていこう!

みたいな感じです、つまり。

 

DDじゃん!とか、チョロすぎだろ!とか

吉岡くんが帰ってこなかったときの保険じゃん

とか、思われるかもしれないな〜とは思いますが

それぞれにきちんと「応援したい」「見ていたい」と思える理由があるし

多分、そんなことあってはならないけど

「吉岡くんも小島くんも琉輝くんもいない関ジュの松竹座公演」

が存在する日がきたら、

私はきっともう足を運びません。

 

 

あーーーーー結局長くなってしまった!!!!

言い訳じみたことしか言えないけど

つまりは小島くんを本気でちゃんと応援していきたいと思うし、琉輝くんのことも引き続きうるさく言ってると思います!という話です!

 

こんなやつもう知らねえ🤷🏻‍♀️という方は

好きにしていただいて構いません!!

ごめんなさい。

自分の今の好きと向き合ってみた結果です。

 

 

3回生にもなるし、

4月になったら今よりゆるっとやっていけたらいいなと思います。

担当増やしておきながら言うことじゃないけど🤦🏻‍♀️(笑)

 

広く浅過ぎない程度に浅く、楽しませてくれる人たちを見て、頑張る力をもらえたらと思います。

 

 

改めまして、千穐楽おめでとうございます。

素敵な春を、ありがとうございました❀

f:id:rheeeen26:20180324191623j:image

 

 

 

 

◯ ふたりまた笑っていられますように

 

大好きな人に会えなくなって、2つ目の季節を迎えました。長かったかな、あっという間に春が来た気もするけど、長かったような気もする。会えなくたって日々は続いていくし、ただ吉岡くんが足りない生活を続けてきた。

 

最後に私が吉岡くんの姿を見てからもうすでに半年が過ぎてしまって、最後に表に姿を現してくれた亀梨くんのソロコン見学からも、もう少しで半年が経ちます。あんまり見学にも行かないような人だから、「すごーい!見学行ってるー!産経でも次に向けて頑張るしかないって言ってたし、色々お勉強して頑張るのかなあ!うわ〜期待しかないな、困っちゃう、どうしよう!」なんてバイト終わりに駐輪場で浮かれてたのを今でも鮮明に思い出せるんです。少年たちを終えて、キラキラな未来しか見てなかった。どう考えてもこれからまたどんどん素敵になってくれて、楽しませてくれるんだ!!!って思ってた。

 

本当に本当に大好きで仕方なかった。

吉岡くんについていけば私はきっと幸せだろうとなんの根拠もなく思ってた。

大好きで仕方なかった、と書いてしまったけど

今でももちろん心の底から、誰よりも大好きだよ。だって吉岡くんは少なくとも私の中で、間違いなく最高のアイドルだから。

 

 

いなくなってからというもの

晴晴はきっと受験休み。じゃあ吉岡くんは?

って毎日のように考えてきたし、

答えは未だにわからないし、"素行が悪いから干されてる"なんていう噂も目にしました。

あんなに優しい人に限ってそんなことある?って思うけど、私はアイドルの吉岡くんしか知らないからなあ、わからない。私の知ってる吉岡くんが吉岡くんの全てならいいけど、そんなのわからない。

あ〜なにしてるんだろ?元気かな?いつ戻ってくる?の繰り返し。

 

そんなさなか、仲間の一人がSNSを始めました。今まで何人かの子を見送ってきたけど、ここまで衝撃的なことはなかった。今でもあんまりちゃんと見れないし受け入れられない。この流れで吉岡くんもひょっこり出てきちゃったらどうしようって数日間、いや数週間くらいかな、本気でビクビクしながら過ごしてました。

 

でも出てこなかったし、きっと吉岡くんはまだアイドルなんだ、と思った。優しい人だからきっと曖昧にしないし、いや、逆に言ったら優しいからファンを傷つけないように黙っているのかもしれないと思ったこともあったけど。

 

辞めてない、と思うんです。

 

冬の間にもファンレターが返ってきたという人を何人か見かけました。毎日毎日何か得られないかとエゴサしてたから。最後に返ってきた(私が見た中やけど)人は消印は1月中旬だったと言っていたし、内容も前向きだったと。他の人も「またあいにきてね」って書いてた、と言っている人が多くて、やっぱり辞めてないんじゃないかなと思った。

 

Twitterの酷な機能に「いいねを晒す機能」があります。見たくないものもたくさん、TL上に出てきます。「関西ジュニア全員を〜してみました!」「関西ジュニア全員を年齢で分けてみました!」色んなツイートを見かけました。

 

でも大体、晴晴は含まれていても

吉岡くんはサラッと存在を消されてるんです。

FF内にも、吉岡くんはもう辞めた人として扱う人もいました。(切りました、ごめんね)

 

そんな中で、待っている時間がひたすらに苦しくなってしまったんです。もっと私が物事を楽観的に捉えられる人だったら良かったのかもしれないけど、生憎悲観的な人間です。

どんどんどんどん苦しくなっていくんです。

吉岡くんのツイートをヘラヘラとしているように見えるかもしれないけど、映像見ては泣きそうになるし、現実から逃げたくなるんです。

誰よりも大好きだし、誰よりも会いたい。

怒らないから、責めないから、いつでも帰ってきて!!!ってずっとずっとずーーーっと思ってるんだけど、新しい現場を迎えるたび、いない現実を受け入れなきゃいけない場面に出くわすたび、さっき言ったようなツイートを見かけるたび、神経がすり減るような、心臓を締め付けられるような、そんな思いを続けることにいつの間にか自分が少し疲れてきてしまっていました。

 

ごめんね、吉岡くん。

ちゃんと信じてるんだけど、辞めてないよねって、戻ってきてくれるよねって、思ってはいるんだけど。

思った以上に私は強くなかったし

今のこの状況がやっぱりどうしても苦しいんです。

 

大好きな人のことを考えるたびにめちゃくちゃ苦しくなるって、そんな悲しいことないよ。

 

で、ここまで長たらしく書いてきたけど

言いたいことをきちんと一言で表すと

 

吉岡くんのことを深く考えるのを帰ってきてくれるまでおやすみしよう と、思うんです。

 

いや意味わからないですよね…そうですよね…

ここまできたら担降りだと思いますよね…

でもきっと帰ってきてくれると思うんです。その望みだけは絶対捨てたくない。

 

ただ、具体的に言うとこのアカウントを少しお休みして、今の私を楽しませてくれている人たちに、ゆる〜くついて行って応援してみようと、前を向かせてくれる人に頼って過ごしてみようと、思うんです。

 

神山くんはもちろん、2つ前の記事で書いた小島くん、1つ前の記事で書いた美勇人くんのことです。

 

毎日毎日吉岡くんのことを考えては苦しい苦しいって思ってる私だけど(吉岡くんに関しては思った以上に重いオタクなんです私)

少し違うところにもっと主に目を向けて過ごしてみようかな、と思って。

 

担降りだろ、それ。と言う人もおそらくおられるかとは思いますが、担降りではないのです。私的には。吉岡くんのことは、諦めなきゃいけない時がくるまで降りれるわけがないから。なんなら諦めなきゃいけないときが来ても「降りる」とは言えないような気すらしてしまうから。

 

だけど、もっと毎日楽しく過ごしたいし楽しくオタクをしたいし。いや、オタクやめればいいのかなとも思ったけど、もう10何年もオタクしてきてるからどうしてもアイドルを切り離した生活はできないなと思って。周りの目気にしてしまうタイプの人間なので少し周りの目は気になるけど、私の人生私のものでしかなかった。もっと自由になってみよう、と思いました。

 

もちろん、吉岡くんのことを考えないのは難しいことだし、無理に等しいけどもっと他に目を向けてみようと思います。すでに十分向けてると言われればそうなんですけど。ここまで苦しくなって気づいたけど、いつの間にか本気で重苦しいオタクになってたから。

 

だから少し、もっと自由に、縛られず、楽しく、オタクをしようと思います。良いように言ってるだけでくそDDになるだけの話なんですけど。

 

きっと戻ってきたら「おかえりーーー!」って大号泣しながら吉岡くん中心の生活に戻るんだろうし、(3人のとこも引き続き見続けるんだろうけど)そんなの中途半端だ、3人にも該当担にも失礼だ、と言われるかもしれません。

不快な思いをさせてしまうかもしれません。

でも1つここで、吉岡くんに大量に向けてた好きの矢印のいくつかを別の方向に向けようと思います。

 

先程も言った通り、ここのアカウントは戻ってきてくれるまでおやすみするし、新しいアカウントでしばらく3人を見ながら、3人の話をしていると思います。春松竹もきっと小島くんを中心に見るだろうし、感想も小島くんだらけになるだろうし、ここのアカウントでそれをするのは違うなと今更思ったんです。そこそこ遅いけど。別に気にする必要ないと言われればそこまでなんだけど。

 

また新しいアカウントについては

お知らせすると思うし、DMに伺う形ではなく、こんな私でも仲良くしてくれる人は繋がってください、という形にすると思います。

FF内に3人の該当担の方もいるので、気を悪くさせてしまうかもしれませんので…

吉岡くんの話をしないわけではないと思うけど、3人の中心になってしまう気がするので…

 

こんなの逃げかもしれないけど、今より少し、吉岡くんのことで悩む時間を減らす努力をしてみます。泣いてばっかりじゃ毎日勿体ない!!!人生一回きりなんだった!!!

 

長々と失礼いたしました!

こんなやつですみません!

 

また、吉岡くんに大好きだと伝えられる日が来ますように。そしてその日が近くありますように。

 

今日も大好きだけど、

少し、おやすみなさい。

 

 

◯ただの関西担がジュニア祭りに行ってきたお話

またただの備忘録です✓

しばしお付き合いを…

 

大阪城ホールで行われた

ジュニア祭りに行ってきました。

去年は出るかあまり期待してなかったのに

結局関西ジュニアも出ていて、

自担は城ホのステージで

ベースを弾いていたというのに

その姿を見ることができませんでした。

今でも悲しい悔しい見たかった〜〜〜!!!

って思ってて。今年は絶対行くぞ!

って意気込んでたんです。

自名義が働いてくれたおかげで

無事チケットも手に入れることができました。

よっしゃ!後は関西がいてくれれば!!

 

しかし目前で少クラ収録のお知らせ。

 

雲行きが怪しい…これはやばい…

関西一切出ないやつ…?

 

私が参戦したのは2日目で、

初日のレポをドキドキしながら見たら

やっぱり関西ジュニアは誰もいなくて。

 

やばい。

 

まあまあやばい。というかやばい。

かなりやばい。めちゃくちゃやばい。

ちょっと待ってペンライトどうする?

ハリセン??で行っていいの???

うちわもファンサのしかないよ?!

大丈夫?!これ大丈夫?!

 

関東に特定の推しがいないので大混乱。

でももう明日に迫ってるし、

うちわ作るにも誰作る?って話で時間もないし

どうにもできず。

 

さらっと当日を迎えました…

関西担のお友達に同行してもらったので

2人で城ホ前で「あけおめはああだったよね、こうだったよね」って懐かしんでは

 

「……私たち今から関東ジュニアしかおらん現場に入るんよな?」

 

って2人で関東担のみなさまに紛れて

ビクビクしてました。

発券したら自名義史上最強なんじゃないかって

席が出て、いやいや待ってくれ…どうした…ってまた戸惑って、

席に着いたら横のお姉さんは

卍キンブレ2個持ち卍みたいな感じやし

やばい場違いなとこ来てしまった…

とりあえず周りの人の気分害さないように

楽しませてもらおう…と

ハリセンペンラを片手、一応持ってきた

双眼鏡を片手に、開演を待ちました。

 

 

Love-tuneのみんなは

去年のえびツアーで拝見したことがあったけど

それ以外のみなさんはもう丸きり初めまして。

1曲目で色んな人がモニターに映し出されるたび

 

「うおー、すげえ…」「怖い」「強い」

「○○くんって実在したのな………」

 

みたいなめちゃくちゃ新鮮な感覚に陥りました。

 

この曲少クラで見たことあるー!すげー!

生で聞けたー!みたいな、ずっとそんな感じ。

 

あとみんな言ってたけどやっぱり

グループがあるっていいな〜って改めて。

 

誰かがメインで歌って踊って、

後ろでマイクも持てず踊ってるだけの子がいる、

みたいなよく見る図がなかった。

(小さい子たちがいなかったのもあるけど)

 

いいなー、みんなマイクあるなー。

いいなー、それぞれソロパートもあるなー。

みんな主役!って感じがする…

モニターもみんな抜かれる…

いいなー。いいなあ…

 

関西にだって関西特有の家族感、まとまり、

みたいなものはたくさん感じるんだけど

グループの結束、みたいなものを強く感じました。すごいな〜いいなあってずっと思ってた。

ギラギラ感が伝わったり…

グループがあるのとないのと、どっちがいいのかなんてわからんけど、

もしちゃんとグループが関西にもあったら

いつも後ろにいる子たちがマイクを持てて

モニターにも映してもらえたら、

カメラアピールができたら、

どんなだろうな〜って、思いました。

 

それぞれのグループで個性が出るし

ワイワイするけどきちんとまとめられる人もいて

グループとして成り立ってて、

ちょっと羨ましくなりました。

 

Travis Japanは、関東の中でも1番興味があったし

1番生で見るのが楽しみだったグループで。

Dance with meのコールも予習していったし

初っ端からめちゃくちゃ楽しかった!!

同い年の子が多いのもあって

(松倉くんは不在だったけど)

親近感みたいなものも感じてたし、

何より生で見るパフォーマンスは圧巻…

普通に話してたのに突然なんの脈絡もなく

「チャック開いてたぁ(笑)(笑)」

ってヘラヘラ笑い出すうみんちゅと

言わなくていいんだよ!(笑)って笑うメンバーを見て、ほっこりしたグループだな〜って

イメージを持った。

宮近くんのまとめ方もうまかったな〜…

噂には聞いていたけど

うみんちゅのヒモみがすごい。(関係ない)

 

SixTONESは、オラオラ!みたいなグループ

だと思ってた。思ってました。

序盤のMCで見事にそのイメージは崩されたけど(笑)

ひたすらふざけるジェシーと大我。

2人を見ながら

「みなさん不思議な世界に誘われてますね…」

ってまとめる樹。

あ、樹ってまとめるタイプの人間なの?

ってそこにまた驚き…

おばさんは ズドン!がわかってなくて

周りがみんなズドンするのを見て

え?なに?って戸惑いました…ついていけなかった…(笑)

歌上手いな〜って1番感じたのはすとだったかな。

 

Snow Manは、アクロバットが強みだとは

聞いてたけど、想像以上だった。

他の3組に比べて、名前と顔がやっと一致する程度で全然見たことない…

だったのがすのだったし、

パフォーマンスをきちんと見たのは初めてだったし、びっくりの連続で。

岩本くんとか最初「怖い怖いいかつい…」って

見てたのに、

モニターに抜かれた自分見て

 

「あっは、髪短けぇ〜!!!(笑)」

 

って笑ったのを見て何かが崩れた()

すとの真似して、話してる人の後ろに

映りこむ芸をしてるときも

ただの無邪気なお兄ちゃんたちじゃん…

ってなったし、ギャップがすごかった。

 

Love-tuneは、2度目ましてで

CALLは見たことがあったけど

ほお…こんな雰囲気の曲もやるんだ…

とか、新しい発見がたくさんあったし

(This is Love Songめちゃくちゃ好きでした)

長妻くんが想像のウン万倍可愛い人だった…

めちゃくちゃ可愛い人種だった…

弟キャラなのかな…

「照くん型のスマホケースの人いないでしょ(笑)」

…カワイイーーー!!(伝わらない)

イメージが大幅に変わりました…

楽器できる人好きな傾向にあるから

バンド演奏もやっぱかっこよかったな〜。

バンドメインのグループなのかと思ってたから

踊れる人もアクロバットできる人もいるし

ガシガシ踊ってる曲もあって

おお〜!!ってなってたし

気づいたら割とドハマりしてた( ◜◡◝ )

 

グループいいなあ…(n回目)

やれることもたくさん増えるのになー…

事務所のみなさん聞いてますか…

 

そんなこんなだったけど、

すごくすごく楽しませてもらいました。

 

で、ま〜〜〜あ美勇人がヤバい。ヤヴァイ。

途中からモニター抜かれるたびに

「え、ちょ、ま、え…むり…」

って漏れるくらいやばかった。

前々から関東だと美勇人か松倉くんのダンスが

好きやな〜とは言ってたけど

えびは関ジュがいたからほとんど見れてないし

(リリホワは双眼鏡で追ったけど)

メインでダンスしてるのを生で見るのは

初めてに近かったし、

手足の長さと表現力としなやかさにビビり倒して、

大口開けて笑う顔にキュンときて。

(大口開けて笑う人大好き)

でまたベーシストだからもれなくしんどい。

弾き方とか全然違うけど

なんか重ねてしまってしんどかった…

 

で、無事(?)終演後にうちわをお買上げし、

翌々日にはジャニショの写真と

先日発売されたえびのDVDを

サマパラも見たくてわざわざ初回を買いました。

 

去年の祭りで関東に落ちた子たくさん見たけど

ま〜あ大丈夫でしょ!私は!と思ってたのに

思った以上に私はチョロかった。

関東に特定の推しを作って帰ってきました…

お友達も見事に新たな沼入りしてたし、

すごいな〜って。逆パターンもありきなのかな、

関東担が関西の現場で落ちるみたいな。

 

とにもかくにも新鮮み溢れた

初めての関東ジュニアオンリーの現場!

序盤はアウェイ感と戦ってたけど

終演したら来年もあったら来たい〜!!って

言ってたくらい楽しかった!◎

少クラは見ても歌の部分しか見てなかったりだたっから、

トークとか見て、こんな面白い人もおるんや?!

っていうのも新たな発見でした…

みんなが一斉にしゃべるとまじでなにも

聞き取れんかったけど(笑)

みんなマイク持てるっていいな…!

関西も色んな子にマイク持たせてください…!

って気持ちが高まった( ´ ` )

 

 

また来年も大阪来てくれるといいなあ。

来年はまた関西とやってほしいなあ。

本格的に目が足りなくなるけど…(笑)

 

 

さて明日から春松竹の開幕!!

今年はどんな春になるかな〜って

ドキドキワクワク…

どうしても去年の春にしがみついてしまうけど

今年も楽しい春になりますように❀

 

PS.Love-tune及び美勇人に詳しい方がおられたら、色々オススメ教えてください……(笑)

 

 

○ 新しい沼のお話

 (※長たらしいのでお暇なときに…)

 

 

お久しぶりです!

 

冬(の現場時期)が終わりました。

流れるように過ぎました。

素敵なご縁のおかげでクリパ両公演とあけおめと、

どちらにも足を運ばせていただくことができましたが

残念なことにどちらにも、

自担である吉岡廉くんは不在でした。

 

"自担のいない現場には足を運ばない"

というのがオタクとしてのモットーだった私が

それを思い切り崩したのが2017年、

相変わらず崩し続けている2018年の幕開けでした。

(というか出演者明確にしないからこうなるんだわ!って言い訳したいけど明確でも多分行ってた)

 

自担がいるステージがもちろん1番。

自担を追い続けられるのが1番幸せで、

それがどれだけ幸せなことだったかを

痛感した2017年後半。

ステージに現れなくなるというのは本当に、

本当に本当に本当に辛いです。

想像以上でした。びっくりした。

幕が開けては「いないかあ」の繰り返しの冬。

出演したことのある曲では

絶対に脳裏に現れるし、なんでいないの?って

彼のいないステージに問い続けた。

彼の仲間を、「きっとみんなは吉岡くんがいない理由を知ってるんだろうな、ずるいな」

なんて思いながら眺めた時間もあった。

私はもがくしかないのにみんなは知ってるんやもん。

どれだけ嘆いてもがいてジタバタしたって

それでもそこにいないのはいないし。

おらんやんってどんだけ騒いでも出てくるわけではない。

と思うと、凹む時間がもったいなく感じて

いっそ楽しめ!と

いつの間にか自然に彼のいないステージでも

楽しむことができた自分がいたし、

全力で楽しませてくれる彼の仲間たちがいました。

いつの間にかまるっと、関西ジュニアが好きになってた。

そう思った冬の現場でした。

もちろん思うところは色々あったけれど、

楽しかったと言えた。

何回も言うけど自担に勝るものはないんだけど!

それでも、ね。

本当に、どこでなにしてんだろう。

 

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

 

いや前置きが長いねん!!!???

これも話したかったからいいんやけど!!!

タイトルやんタイトル!!!!

(っていうツッコミが聞こえました)

 

 冬にあった変化の1つ。

自担のいないステージに足を運び続けたこの冬に、

私は1つ、新しく深い沼を見つけてしまいました。

 

 

お察しの方もいるかもしれません。

というか察してる人の方が多いと思うし

書く必要があるのかとも思ったけど

成人式まで暇なこの時間に、つらつらと

書き連ねています。

 

そうです、あの独特な雰囲気を持つ

吉岡くんと同期で仲良しの彼。

 

 

 

島健くんです。

 

色んな人にびっくりされたけど

私が一番びっくりですよ本当に。

 

12月の頭にクリパ兄組にお邪魔させていただきました。

 

兄組の中だったら大吾さんか、今江くんかな?

と思いながら足を運びました。

自担のいない松竹座初体験。衝撃でした。

楽しいのに苦しくて、バンドはきちんと顔を

上げられないし、上げてもどこを見ればいいか

迷ってキョロキョロ。

朝田くんがかっこいいとわかっていても

ベースは見れるわけない。

吉岡くんじゃない誰かがベースを弾くのを

私は見れなかった。見たくなかった。

(超わがままだけど)

心にぽっかり穴があいた気すらしてしまいました。

 

 

そんな中、小コントが始まりました。

正門くん佐野くんと、小島くんの。

(龍太くんもね)

そこまで割とモヤモヤしながら見てた私が

 

ほんっっっとにお腹抱えて笑った。 

おもしろすぎない?なにこれ?

最初は"吉岡くん抜きのバンド3人"としか

認識できなくて、ちょっと怪訝な顔で見てた。

多分。いたらな〜って思ってた。

けど気づいたらめちゃくちゃに笑えてた。

特にその、小島くんがツボだった。

独特すぎる!!!何この人?!

いや前々から知ってたはずなんやけど、

そうなんやけど、改めて。

そしてなにより楽しそうな姿が頭に残った。

 

 

多分沼に入り込んだ大きなきっかけは

never だった。これはずっと言ってる。

フォロワーさんにも死ぬほど話した(笑)

まず演出・構成・振り付けが最高オブ最高。

私のツボにハマらないわけなかった。

最初は普通に大吾さんを見てたけど

まいジャニshow timeで事前に披露したとき

小島くんがかっこいいと話題になったのを

途中でふと思い出した。

 

ので、目を小島くんに移してみた。

 

どれどれ…………

 

え?横顔がヤバくない?

 

いやまあ横顔だけではない。もちろん正面も。

とにかく顔が強い。めちゃくちゃに強い。

息のんだレベルでやばかった。

美。まじで美。これは美。

気づいたら「かっこいい……」

ってめちゃくちゃドキドキしてた。

 

この日がおそらく、沼の始まりでした。

 

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

 

弟組にお邪魔したときもそう。

ぬるっと小島くんを見てた。

当たり前に沼は深まる一方だった。

MCは絶好調に面白くて

珍しく聞いたタメ口にドキッとしたりもした。

アイシテルもアンダルシアも最高にかっこよかった。

 

 

そして迎えた年明け、Happy New ワン Year

うちわが15種と聞いたとき、

正直疑いもなく小島くんと正門くんのうちわは

出るだろうと思ってた。これは買おう!と思った。

 

気づいたら念の為始発で並んでた。怖い。

まあお友達も並べるし、って思ったのもあったけど

単純に小島くんのうちわを欲しいと思ってた。

でもグッズが発表されて、うちわはなかった。

なんでだよ!!!!!クリパ頑張っただろうよ!!!!!!おい面貸せよ!!って思ってた。

だから缶バッジはしっかり買った。貢献したかった。

この時点で割と沼の深いところまで来てることに気づいた。

自担の映ってないものは買わない主義だった私が

これ以前にすでにジャニショの小島くんを

1枚買ってた時点で、まあ変化はあった。

 

公演が始まって早々、幕が開く前に

自担の不在を知った。

なんとなくいるんじゃないかと思ってたのに。

唖然呆然。

吉岡くんだけじゃなくて、吉岡くんを含む

私の大好きな4人が、誰一人としていなかった。

クリパと同じだ。またかよ。なんでだよ。

って序盤はちょっとキレてた。

でもこれまた割り切らないと楽しめない、と思って

気づいたらまた何気なく小島くんを見てた。

出てる曲は多分、ずっと追ってた。

なんなら双眼鏡で見てた。

紅白対決も、絶対小島くんのいるチームの色に

ペンライトを変えてた。

大好きなneverはペンラ振るのも忘れて

双眼鏡構えてギュッとペンラを握ってた。

 

ニコニコしながら踊ってたり

かと思ったらカッコいい曲は

バッキバキにかっこつけてくれてて

(特にアンダルシアのソロは最高だった。)

バクステを占領する正門くんと小島くんを見て

思わず「フゥ〜〜〜〜!!!!」って思ってた。

(あの出演量とポジションでうちわがないの本当におかしい。2種くらい増やせたろ、おい。)

ツボにハマるとめちゃくちゃ大口開けて笑うし

その姿を見てるこっちまで笑顔になれた。

大喜利はやっぱりツボだった。天才。

お辞儀の仕方もきれいで(と私は思った)、

他の人の宣伝なのに

「お願いしま〜す」と言いながら

小さくお辞儀する姿を1度見て、素敵だと思った。

 

めちゃくちゃに魅力に気づけた4公演だった。

終わったら「小島くんがさ!!!!」ばっかり

言ってるくらいだったし、

お友達「小島くんの見方かガチだった」らしい。

わろた。自分でも思う。

 

いや本当に、想像の何倍も沼だった。

夏のよしこじを見ながら何故気づかなかったのか。

 

 

小島くんはすごい

 

この一言に尽きる。

冬に身を持って感じたことはこれ。

気づけたことは財産だと思った。

私の冬を悲しい記憶だけにしないでくれたのは紛れもなく小島くんだった。

 

ただここまで語っておいて言うのもあれだけど

これは掛け持ちします!というブログはでないです!!!!!

ただ魅力にめちゃくちゃ気づいてしまったということ、

今の私が思ってることを

いつか振り返ることもできるようにと

だらだらと書き連ねただけのものです。

 

気分を悪くされた方がおられましたら、

ごめんなさい。申し訳ないです。

 

ただ少し小島くんのことをツイートすることも

増えるかもしれないな!と思ったので

(なんならもう増えてるけど)

お知らせというか、こういう状況にあります

と伝える意味でも書かせていただきました。

 

全部読んでくださった方がいれば、

ありがとうございます(土下座)

誰得だよな。自分の感情まとめ…。

 

 

とまあこのように、新たな沼にドキドキしつつ、

相変わらず自担の帰りを待つ日々です。

春に期待してるよ!!!!

おかえりって言わせてよ!!!!!

○今日という日のお話

f:id:rheeeen26:20171025180613j:image

 

吉岡廉くん、


19歳のお誕生日おめでとうございます!✿

 

100日のバースデーカウントダウンも

無事(?)になんとか成し遂げ、

今日を迎えることができました!!!

長い間お付き合いいただいた皆様、

ありがとうございました…

100日なんて長いよな〜と思ってたけど

案外あっという間で、日課みたいになってたし

楽しかったです。寂しいな〜。

「明日からいよいよ100日カウントダウンや!」

って思いながらお家に着いたら

ファンレのお返事が来てて慌てふためいて

また好きを募らせさせてもらいながら始めた

このカウントダウン。

あれからもう100日も経ったのか、懐かしいな

なんて思ってます。

10月ももう終わりなんやもんなあ…

 

さて、ちょっと話が逸れましたが

今日で吉岡くんが19歳になりました!

いぇーーーいぱちぱち😆(真似)

18歳はどんな1年やったかな〜?( ˆ ˆ )

私が気になり始めたころの吉岡くんはまだ17歳で、

私が担当を名乗るようになったころにはもう

18歳になっていました。

 

去年のお誕生日はジャニフワ参戦後、

吉岡くんを自然と目で追っている自分に気づき

「いや待て…一回落ち着け…」と思いつつ

どっぷりと沼に浸かっていく中迎えました。

(でも作った画像に「Ren」って書いてた。

勉強不足でした。しばきたい。)

「あ、吉岡くんお誕生日なんや画像作ろっと」

くらいの感じで過ごしてた1年前、まさか1年後

担当してて、100日もカウントダウンして

こんなに盛大に祝ってるなんて

本当に誰が予想しましたかね…(笑)

 

 

ジャニフワ大阪公演の全公演を終えた翌日

(だったはず)に18歳を迎え。

どんなお仕事があったかな〜って考えてみると

日誌の更新だったり新聞だったり、
初めてのお仕事もたくさんあって

だいたい毎月雑誌に載せていただいたり
17歳の吉岡くんが言っていた
もっと前に出たい」が
かなり叶った1年だったんじゃないかなと思いました。

体育会TVなんて、地上波放送で

とっても目立たせていただいたし

まいジャニトーク出演してベース弾かせてもらったり、

少年たちでチーム入りして

たくさんセリフもらったり、

特技のボクシングアピールさせてもらえるシーンもあったり!

色んな人の目に止まる機会がたくさんあったんじゃないかなと思います。

 

 毎日のように

吉岡くんかっこいい!かわいい!好き!

って言いながら過ごしてますが

決して自担に盲目甘々なオタクではないので

吉岡くんを応援して10ヶ月、

もっとこうしたらいいのに!って

素人ながら思うことも、

悔しいな〜って感じてしまうことも

正直たくさんありました。 

でも一番悔しかったのはきっと彼だし、

彼もそれをちゃんと言葉にして伝えてくれて。

産経新聞のお話を読んで、

ああ、やっぱり悔しかったんやなって思って。

「ファンの期待に応えられなかったことが」

ってとこが吉岡くんらしいんだよなあ。

そんな風に悔しい思いもいくらかしたけど、

この1年色んな場所に出られたことで

私が吉岡くんを見つけられたのと同じように

吉岡くんを見つけた人も
たくさんいたんじゃないかなと思います。

だからこの1年はきっと大きかったんじゃないかなって、クソド新規ながら思ってるんです。

 

ご存知の通り括りが不安定なところもあるけど

どっちにも属せているからこそ

増えるお仕事もあるわけで。

どっちにいてもそれぞれに魅力があって…

バンド組として前に出してもらえてベースを弾いてる姿も、

DK組のみんなとワチャワチャしてる姿も、

どっちも素敵やし、やっぱり

前にいようが後ろにいようが、どこにいたって

いつだって一番かっこいいな〜って

いつも思わせられます。

 

ちょろっとネガティブなことも

言ってしまいましたが上でも連発したように

 

ほんっっっっまに大好き!!!!

 

最終的にはこの一言に尽きるなと思います。

ほんっとにずっと安定して大好き!

 熱しやすく冷めやすいタイプなので

現場がない時期に入ると

どうでもよくなったり冷めたりって

すぐしちゃう人だったんですけど、

そういうことが全然なくて

吉岡くんの担当になってから

ずーっと同じテンションで好きだし、

なんなら毎日好きが更新されていくし

珍しくて自分でも不思議なくらいです…

罪深いぞ吉岡廉

 


本人が自分で言っちゃう


見た目はチャラいけど心は男前


ほんまにその通りだと思います。

吉岡くんを好きになってから

いっぱい吉岡くんの優しさに触れてきました。

デビュー組やいわゆる推されしか

担当してこなかった私なので

推されとも言えない微妙な立ち位置の彼を

応援することは時に不安になったりもするけど、

なにかお仕事が回ってくるたびに

たくさん喜ばせてもらったり、 

応援しててよかった〜って思わせてもらえる場面がたくさんありました!

語彙力なさすぎて上手く伝えられないけど、

18歳の吉岡くんは、私にとって

いつの間にか大きな存在になってくれていました。エネルギー源。

 

  

さて、長くなりましたがそろそろ締めくくろうと思います…長くてごめんなさい…

 

彼は私にとって世界で一番かっこよくて
素敵で大好きな自慢の自担です。

「こんなに素敵な人がいるんだ」って

大声で叫びたいくらい、本当に素敵です。

そんな大好きな吉岡くんの
10代ラストの1年がキラキラ輝くものになりますように。

ほんまに年下かな?って今でも思うけどね。

年下なんだよなあ(笑)

 

優しいあなたにたくさん、ほんっとにたくさんの幸せが訪れますように。

吉岡くんの担当ができてほんまに幸せ!✿

18歳の吉岡くんにたくさんありがとうを言いたいです◎

両手でも抱えきれないほどの、

溢れんばかりの幸せと、素敵な思い出をもらいました。

19歳の吉岡くんにも期待してるよ♕

 いろんな景色を一緒に見れたらいいなあ。

 


改めてまして!お誕生日、おめでとう◎

今日が素敵な1日になることを、

この1年が良い1年になることを、願ってます。

 

これからもたくさん前に出れますように。

夢や目標がたくさん叶いますように。

まだまだ好きになって間もないけど

こんなに夢中にさせてくれる人は初めてです。

グッと心掴んだまま離してくれません。

「だいすきでおってね!」なんて頼まれなくたって

ずっとずっとだいすきでいるよ。

 

これからも全力で応援させてください✱

だいだいだいすきやで〜!♡

 

 

2017.10.26  

 

○少年たちのお話

夏の終わりが来てしまった.………

 

 

 

『少年たち 南の島に雪は降る』

 

 

 

千秋楽おめでとうございました!!!

長期公演、本当にお疲れ様でした。

 

 

なんか書きたくなっちゃって書き出してます。

多分ほぼ自担の話になるかと…

長くなるかそうでもないかわかりませんが

暇なときにでもぜひ…

( 完全に私的感想になると思うので

気を悪くされたらごめんなさい…)

 

 

------------------------------------------------------

 

 

まず総出演詐欺から始まったこの夏。

自担の話からさせていただきますと、

いつもの3人と離れ離れになった夏。

エイトバック組が出ないとわかった後、

グッズの詳細が出て、そこに名前はなくて。

 

 

「これは完全にバンド要員で残された

ちょい役ってオチのやつ…………」

 

 

っていう覚悟をしました。

だってポスターのメンバーから

グッズ出る13人を抜いたら

チビと吉岡くんしか残らないし、

これは13人が看守長とチームに分かれて

チビたちと一緒に看守とか

そういうやつかな〜って。

今思えば自担への期待度低すぎかよって

話だったりもするんですけど。

 

 

そんなこんなでほんのり

モヤモヤしつつ迎えた初日。

ありがたいことにフォロワーさんのおかげで

観劇させていただけることとなり、

まだ期待は持ちたかったけど

落ち込むのも嫌だからって

特に期待しないようにしながら

パンフレットの情報を待ち。

 

ドキドキしながら歩いた商店街。

 

赤チームの中に見つけた名前。

 

「チーム入ってるねんけど?!(泣)」

 

もうびっくりと嬉しさでいっぱいいっぱい。

嘘やろ?!ほんまに?!まじで?!

どうしよう?!しか言ってなかったと思います(笑)

 

私、去年の夏はほとんど吉岡くん見てないので

(ガッツリ西畑担してたし、ちょろっと見た程度)

「見るに耐えない演技力とかだったらどうしよ…」

とかちょっと余計な心配を始めながら(笑)

ドキドキで開演を待ちまして。

 

幕開けば、セリフも想像以上にたくさんで

劇中バンドもあったり、

シャドー披露させてもらえる場面もあったり、

演技も、なめてたな〜って思わせられるくらい

上手で。(贔屓目かもしれんけど)

 

 

歌って踊ってベース弾いて、な吉岡くんばっかり

見てきた私だったので

新鮮で、また違った一面で、

思いっきり心わしづかみにされた初日でした。

 

(この時点で2回じゃ足りないと悟った)

 

結局素敵なご縁に恵まれて

4回も観劇させていただくことができまして。

ほんとに見るたび見るたび動きとか表情とか

細かいところがすごいよくなってて。

「前まであんなことしてなかったな〜」と

思うところが増えたり。

特に好きだったのは流星が撃たれるシーンで

やりきれない顔で看守長睨みつけて

もう一回流星の方向いて

悔しそうな顔でうつむいて手ぎゅって握るとこ。

ああ〜いいな〜〜そういうの!って。

とにかくめっちゃ吉岡くんの演技

なめてたな〜やられた!!!!

f:id:rheeeen26:20170824104529j:image

(別シーンですがいい表情してます)

 

真剣なシーンはそうやってグッと

引きつけてくるけど、楽しいシーンでは

時々いつもの吉岡くんが垣間見えたり

ほんっまに4回観ても全く飽きなかった。

4回観るのさすがに疲れるかなとも思ったけど。

 

あ〜もう一回囚人番号30番に会いたい(泣)

 

って気持ちでいっぱいです。

 

あと超個人的には、序盤の殴り合いシーン後に

みんなが順番に走って捌けていくところで

吉岡くんが1番最後に捌けるってところがあって。

ステージの真ん中辺りで殴り合ってて、

そんなに他の人と時差はないけど、最後1人

ステージに残されたあとに捌けるんです。

これがもう、ね。

ほんの一瞬でも一人で松竹座のステージを

独占してる瞬間。ニヤけました。(何の話)

 

そして公演期間、フォロワーさんからたくさん

 

「Rhenやばくない?」

「顔面が強い」

 

って言っていただいて(笑)

やっぱり出番が多いって強いし

見つかるんだな〜って…顔強いよね…()

 

吉岡くんの1番好きだったセリフは

「授業料たこつくぞ!」

ですね。(そこかよ感満載)

力入ってるし、最初のセリフやし、かな…

 

1番好きやったシーンは

劇中バンド→嗚呼青春期

かなあ…。

バンドがめっちゃかっこいいのはもちろん、

ここに来た理由を話す青チームの迫力。

「向井はなにをした?」

「俺は……お前らには関係ない!!!!」

から曲が始まって、

途中にもセリフあるじゃないですか。

あれがめっちゃ好きで毎回鳥肌が…

うわ〜もう一回みたい(泣)

闇を突き抜けても負けず劣らず好きです。

どっちも超鳥肌。

 

 

 

自担以外のお話でいえば

チビちゃんたちの成長にほんとに驚き。

チビではいつの日からかずっと

山本琉輝くん(バレエ少年)推しなんですけど

今まで「可愛いから」って言ってたけど

なんかもうすっかりDKでびっくり…

こうやってみんな大きくなるんだな…(誰)

 

大吾さんの演技力は相変わらずすごい、

というかもはやパワーアップしてたし

さすが演技派やな〜と。

Rivalの力強い表情忘れられん…

 

あとこじけんの「歌おうぜぇ!」が

めっちゃ好きやったし、とりあえず

こじけんがツボってことがわかった夏でした(笑)

ほんまにめっちゃおもしろい(笑)

 

他にも個人的に言いたいことはたくさんありますが

割愛します…………

 

 

 

-----------------------------------------------------------

 

さて、そんな初日に

合言葉の場面での

「ハイビスカスボーン!」を目撃して

「これはもしかして春のコントローテならぬ

合言葉、面白い話ローテもあるな…?」

 

と思ったら案の定日替わりで。

 

だったら、せっかくやし自担に回ってきたもの

まとめてみよう!!って思い立って

毎日ぽつぽつレポを見ては記録を残しました。

 

8月2日  「ハイビスカスボーン!」
8月3日  「右手骨折してた話」
8月4日「ハイ、チーズ!カシャ♡
                    カシャ♡カシャ♡」
8月6日 1部 「入る?ここ、空いてるけど」
            2部  「俺最近ハマッてる食べもの
                           があって、トマト!チーズ!
                           アンチョビ!ピザ!」
8月12日 1部 「こじけんのトイレの話」
8月13日 1部 「ハイ、チュウ💋」
              2部 「ん〜〜プチトマトォッ!」
8月14日 「Wピース!Yeah!」
8月16日 1部 「クリーム、ろうそく、
                            いちご、ケーキ♡」
8月20日 1部 「地球♫北極♫南極♫赤道直
                             下〜♬リンボーリンボー!」
8月24日 「今日の朝ご飯はクロワッサン
                     あっちにも!こっちにも!
                     クロワッサンクロワッサン
                     クロワッサンっ!We are the
                     メルヘ〜〜ン♡」
8月26日 1部  「ピースと ピースで
                             猫さんだよ〜♡」

 

抜け落ち等もあるかもしれませんが

こんな感じです!合言葉に関しては

康二がたくさん当ててくれて

本当にありがたかったな〜!

一発ギャグみたいなのもできたり

チャラさとあざとさ満点な…

ちょっと楽屋芸人も卒業したのでは?

今日に至っては自ら顎いじりしてたし(笑)

  

 

ちなみにリュウセイへの自己紹介はこんな感じ。

 

『ボクシング全国2位や!』
『フィリピンと日本のハーフや!』
『銀行の暗証番号は2020や!』
『小さい頃はごぼうバナナって呼ばれてた』
『小さい頃はチョコバナナって呼ばれてた』
『ボクシングでステファニーって呼ばれた』
『昔ティファニーっては呼ばれてた』
『鼻の穴2つある』
『顔面でバナナ育ててる』
『俺は昔猫飼ってた』
『朝起きたら顔を洗う』
『最近かけ算ができるようになった』
『サンタさんに車をもらった』
『こう見えてドMや!』
『歯磨き粉で髪染めた!』
『俺の目見たらバナナになるぞ!』
『俺の目見てたら顔伸びるぞ!』

『最近顎が邪魔でマスクがつけられへん』

 

後半はこじけんとのコンビ芸が(笑)

そして自虐ネタも交えつつ(笑)

毎日レポ見るの楽しかったな〜。

(誰得ですいません、ほぼ私の記録用…)

 

 ------------------------------------------------------------

 

 

冬も春も、私が好きになってからの

吉岡くんの横には大抵

DK組の誰かがいて、

いつもワチャワチャしてて、

でもこの夏はそれがなくて。

 

でも新しく色んな人との絡みが見れたり、

それもまた新鮮で。

 

みんなが揃わなくて寂しかったことも

目立つ役がもらえて嬉しかったこともで

どっちの感情もあったし

複雑な夏やったけど

どれも含めて今年の夏は

きっとずっと忘れられんな と、思いました。

 

見るたびに良くなる演技も

細かいところでの表情の変化も

はっちゃけた楽しそうなお顔も

こじけんへのかまってちゃんも(笑)

優しい表情も、変わらないあざとさも

目に涙を溜める姿も 全部全部素敵で、

もっと好きになった夏でした。

 f:id:rheeeen26:20170824104308j:image

 

楽しかったなーーーーーー!

吉岡担初めての夏!

何回言っても足りないくらい楽しかった!!

ほんまに楽しかった!!

春に静岡のために抜けて

陸ちゃんにベース補われちゃった悔しさを

見事に払拭してくれた。

(まだ引きずってた)

 

 

また来年の夏も、みんなの演技が見れますように。

来年の夏はみんな一緒がいいな。

  

出演者の皆さん、

長い長い公演期間、本当にお疲れ様でした。

 

素敵な夏をありがとう◎

 

離れ離れの夏になった関西Jrのみんなが

冬またみんなでパワーアップした姿を

見せてくれることを楽しみにしています❊

 

 

会ってくれたり

連番してくれたたくさんのフォロワーさんも

ありがとうございました!𓅿

 

 

すでに冬が待ち遠しい〜〜!!!

 

f:id:rheeeen26:20170824104453j:image