日々と君

How I wonder what you are !

○ 君のため歌うよ ありがとう

 

2020年2月18日。

 

 

 

Aぇ! groupが結成して、1年が経ちました。

 

 

思えばジュニア担になって3年と少しの間で、初めて自担のグループ所属が決まった日でした。担当は転々としてきたけど、初めてジャニーズJr.を好きになったのが「一発めぇぇぇぇぇぇぇ!!!!!!!」のツアバで一目惚れした西畑大吾くんで、当時はジャニーズWESTのデビュー直後、関西ジュニアはいわゆる"個人戦"の中でした。そこからずっと、グループができる様子はなかったし、なんだかんだずっと個人戦なのかな、グループは作らないつもりかな、まあでも関西ジュニアの大家族感が好きだしな!!なんて思ったりもしていて、でもどこかでずっと自担が公式のグループに所属することは夢だったから、「なにわ男子」が突然できたときは本当にびっくりしたし、それに続いて「Lil かんさい」ができて……

 

長らく関ジュを支えてきたメンバーがたくさんいるなにわ男子と、次世代を担うフレッシュなLilかんさい。そうか、この形できっと進んでいくんだな。そうかそうか、と思わずにはいられなかった。

 

「中堅」などと呼ばれていた小島くんや正門くんの立ち位置に少し不安を感じることも多々ありました。梅芸くらいがピークで不安だったかな。でもその不安を口にしたら不安が加速してしまいそうで、そんなことを口にするのは今日もステージに立つ小島くんに申し訳ないような気がして、できるだけ心の内に留めて過ごしてました。でもめちゃくちゃ不安だった。多分、自分がもし同じ立場だったら、って考えてしまったからだと思う。小島くんは当時10代の大学1回生。教育学部。選べる道なんてきっといくらでもあるよな…と思ってた。

 

ジュニア担を始めてからずっと夢の1つでもあった"自担のグループ所属"、その夢が叶ったのは本当に突然の出来事でした。でも梅芸くらいから話は進んでたんだよな。目に見えていることが全てじゃないんだなあと思いました。私たちの知らないところで、見えないところで、知らないうちに事はたくさん動いてる。何より目を留めてくれた横山くんには一生頭が上がりません。

 

いつも通り何気なくタイムラインを追っていると突然飛び込んできた「関西ジャニーズJr 新ユニット Aぇ! groupが結成」の文字。一瞬で心臓がビクッて跳ね上がって、その文字の下に並んだ名前を恐る恐る確認した。

 

f:id:rheeeen26:20200218131429j:image

 

 

 

そこには「小島健」の名前があった。

 

 

震える手でゆっくりじっくり、何度も何度もそこに小島くんの名前があることを確認しました。一緒に長い間やってきた相方の正門くんも、晶哉も同じであること、なんとリチャ末がいること、そして大晴もいることを把握した。この名前を確認してる瞬間のドキドキとか、名前を見つけたときの気持ちとか、きっと一生忘れられんと思う。この6人であったことの衝撃もきっと。

 

結成を知らされ噛み締めているうちに6人がかんじゅ日誌を更新してくれました。「Aぇ! groupの小島健です!」と書かれた一文を読んで、「小島くんがグループの一員になったんや」「これからは小島くんの名前の後に(Aぇ! group)が付くんやな」なんて思いながら、まだ実感が湧かないながらに涙したのがもう随分前のことのように感じる。それくらいに濃く、あっという間の1年でした。

 

第一印象は多分みんなと一緒で、「キャラの濃い6人が集まったなあ」という感じだったし、これからどうなって行くかなんてあんまり想像できてなかったような… 梅芸やあけおめのバラエティコーナーで活躍したメンバーが多かったから、お笑い強めの路線でいくのかな?と若干心配になったりはしたな。陸のことや福井くんのこと、受験が終われば戻ってくるであろうDKの子のこと、4人になってしまったFunkyたちのこと、色んなことが頭を巡って、手放しに全部全部喜べたかと言われればそうじゃなかったし、きっとそういう人も多かったと思う。私にとっても色んな意味で人生が大きく変わった日だったなって今でも思います。

 

かなり予想外の組み合わせだった6人は思ったよりも早く馴染んでいって、いつの間にか見慣れた6人になり、あっという間になんの違和感も感じなくなった。本当にあっという間に。私、晶哉のお誕生日に上がったISLAND TVのグチャグチャ感とか空気感が未だにめちゃくちゃ好きなんですけど、あれ結成1ヶ月経ってないの本当に信じられないです。

 

お笑い路線で行くのかと心配していたと話したけど、そうではないことがお披露目公演でもあった春の松竹座でわかって。数年間松竹座で眠っていたゴンドラを使った演出、大天才でした。想像していた6人の姿とのギャップがあまりにも強かった。「ここからだ」って顔をした6人が本当にギラギラでかっこよかった。担当したDream Catcherの2番サビの歌詞が今スタートを切ったばかりの彼らにぴったりで嬉しかったです。

 

4月には「小島くんに会いに遠征する」というこれまた夢の1つであったこともグローブ座のおかげで叶えられました。初の舞台が東京だなんて全く予想もしてなかったし、チケットは当たり前に争奪戦だし。部活の試合の合間にアホみたいに電話かけてなんとか当日券を取り、その日の夜には夜行バスに乗り込んで東京へ向かった行動力はオタクならではだったな。そこまでしてでもやっぱり見たい舞台だったし、"6人だけ"が立つ舞台を見ながら「私はこの人たちを応援していくんやなあ」とようやくしっかり実感できたような気がしました。そして「神様のバカヤロー」という、小島くんが作詞、晶哉が作曲した曲が披露されました。そんなこともできるんや?!と本当に驚いた。「自分たちが作った曲でデビューしたい」と晶哉が話してくれたのがめちゃくちゃ嬉しかった。絶対絶対叶えて欲しい夢がまた増えました。

 

8月にはジュニア祭りで東京ドームにAぇ! groupとして立ち、Web連載の開始と関西圏コンサートツアーの発表もあり、怒涛の供給にあたふたしたりもしました。中旬にはグローブ座の凱旋公演も始まった。グローブ座の時点でもすでに6人での空気感が出来上がっててすごいな、なんて思ってたけど、凱旋公演で見た6人はまたさらにグッと距離が縮まっていたような気がして、こうしてどんどんグループらしくなっていく姿を見れて嬉しくなったりもしました。そして「ボクブルース」というこれまた大切な曲に出会えたのも8月。こじまさや作詞・作曲で、小島くんが「ファンの皆さんがもし辛いときや不安なことがあったときに、僕たちはここにいて絶対に支えます、寄り添っていきますというメッセージと、いつも僕たちAぇ! groupを支えてくれてありがとうという感謝の気持ちを込めた」と話してくれた。この時くらいから小島くんがリーダーに選ばれた理由がとってもわかるようになりました。

 

11月には初めての単独ライブツアーも始まって、ずっと1列目で歌って踊る姿を見れた。バンド形式のライブの楽しさにも改めて気づけました。各々の良さを活かしたユニットも最高だったし、このライブを「Aぇ! groupとAぇ担の愛のぶつけ合い」と表現した人を見かけたけど、まさにそうだった。これでもかと言うほどの愛を6人からもらったし、これでもかと言うほどの愛を伝えるべく拳を突き上げた。ほんっっっとうに楽しかった。まばたきするのさえ惜しかった。6人のことがもっともっと好きになりました。

 

Aぇ! groupは底なし沼だ」と正門くんもよく言ってるけど、本当にそうだと思う。見れば見るほど、同じ空間で過ごせば過ごすほどAぇ! groupのことが大好きになっていったし、6人の作るステージが本当に大好きだな、また早く見たいなと何度も思います。歴も括りもそこそこバラバラのところから集まった6人なのにそれを一切感じないというか、あまりにも馴染みすぎてもう何年も前から同じグループでしたか?くらいの気持ちで見てしまうこともよくあるほどです。

 

こうやって書きながら、思えばこの1年、目立って大きい壁にはぶつからずにここまで来れたんじゃないかなっていうのを感じてるし(もちろん思い通りにならず苦労したこととかはたくさんあったと思うんだけど)、この先もできるだけ楽しいことばかりがあってほしいな。もし大きい壁を乗り越えなきゃいけない時が来たとしても、色んな時期を乗り越えてきた6人ならきっと大丈夫。末澤くんが「俺ら強いんで」と言ってくれた言葉が全てを物語ってると思う。6人はきっと思ってる以上に強いんだよな。しっかり同じ方向を向いて、同じ目標を持って進んでいくために話し合いの時間を取るところだったり、色んなエピソードを踏まえ、6人には信頼しかない、と今胸を張って言えます。

 

 

3年と少し前、まだ末澤くんのことはさほど知らなくて、「水の帰る場所」の「小さく弱いから 色に染まるのかな」というほんの少しのソロパートを歌う末澤くんの声を聴いたときに「歌うまの人じゃん…………」と思った当時、決して露出が多いとは言えない状況下でも末澤担ってすごく多くて、「どんな人なんだろう?」 と気になってたのが懐かしいです。Aぇ! groupではメインボーカルとも言える立ち位置で伸び伸びとキレイで力強い声で歌い、キレのあるパフォーマンスを見せてくれて、本当に魅力的な人だなとつくづく思うようになりました。一緒に楽しむときは楽しむ、場を締めるときは締める、メリハリのある最年長。Aぇができてから末澤くんの色んな面を見ることができて楽しいです。末澤くんがクシャ〜って笑ったときの笑顔が大好きです。

 

リチャくんは本当に常識人。Aぇイチの常識人なんじゃないかなと思ってます。メンバーの発言に対する的確かつ語彙力のあるツッコミが好きです。(末澤くんの引き笑いに対する「急ブレーキかと思った」がめちゃくちゃ好き)パフォーマンス面だったりの厳しくも愛のある指摘がメンバーの成長にも繋がってるんだろうなと思います。これからもぜひ愛のあるご指導をお願いしたい… リチャくんはAぇができて一番魅力に気づけた人だと思います。パフォーマンスしてるときの表情がめちゃくちゃ自信に溢れててかっこいい。まさに"エンターテイナー"。そしてリチャくんからAぇへの愛を感じるたびにとても嬉しくなります。これからもリチャくんの魅力にたくさん気づいていきたいな〜!

 

正門くんはぽやぽやしていて可愛いところもたくさんあるけど、人の話をめちゃくちゃちゃんと聞いていて足りないところを「〜〜ってことやんね」って補足したり、トークを円滑に進める力がある人だなって改めて感じることが多くなりました。ぜひ正門くんにMC業を。ツボにハマってケラケラ笑ってるときがめちゃくちゃ可愛い… のにギター持つと男らしくてかっこいい。京セラでギターかき鳴らしながら歌う姿が本当にかっこよかった。優しさが滲み出る雰囲気の中に潜む強さとか、男らしさとかが好きだなあ。長年の相方でもあるので、正門くんが近くにいてくれることはやっぱり大きな安心に繋がってます。これからもその包容力でメンバーを包んでいてほしい… 

 

大晴、本当に本当に戻ってきてくれてありがとう。今もその気持ちでいっぱいです。不安だらけだったと思うけど、"自分にしかない武器"を手に入れて帰ってきて、着々とお仕事を掴んでいく姿がめちゃくちゃかっこいいなと思ってます。自分がどうすれば前に出ていけるか、目立てるかを考えて、そのための努力を惜しまなかったの、本当にすごい。クイズ番組に何度も呼んでいただけるって、そんな未来想像してなかったよ。DK組でグループを組んでデビューして…と本気で願っていたころもあったし、その夢が叶わなかったことはきっとこの先もずっと悔しいけど、DK組の1人だった大晴がこうしてどんどん夢を叶えていく姿を見れて嬉しいです。大晴がいることで場が明るくなったり、トークにもスパイスが加わったり、大晴の存在はとっても大きいと思います。大晴は太陽だよ!

 

晶哉本当に、悩んだときすぐに小島くんと正門くんに相談してくれて良かったです。同じ括りとして扱われたり扱われなかったり、立ち位置が不安定で悩むこともたくさんあったと思うんだけど、そんな時でも2人が晶哉にとって頼れるお兄ちゃんたちだったことが素直に嬉しかったです。頼ってくれて良かった。晶哉が今ここにいてくれて本当に本当に嬉しいです。頭の回転の速さには毎回驚かされます。そして晶哉のグループに対する思いが私は大好きです。作曲を学べて、大晴と小島くんと一緒に卒業できる2年制の大学を選んだこと。その選択が晶哉にとってたくさんプラスになることを願ってます。これでもかというくらい大きな口を開けて楽しそうに笑いながら全力でドラムを叩く姿が大好きです。しっかりものの最年少だけど、お兄ちゃんたちにたくさん頼って、時には甘えてね。

 

そして小島くん、どんな時も諦めずステージに立ち続けてくれてありがとう。Aぇ! groupに出会わせてくれてありがとう。小島くんに対して言いたいことがありすぎるな。「今どんなことを思って、何を考えてるんだろう」と思いながら小島くんのことを見ていた頃もありました。でもAぇ! groupができて、小島くんが今までよりたくさん目標や思いを口にしてくれるようになって、もっともっと小島くんの素敵なところに気づけました。小島くんのメンバーや関西ジュニアのみんな、小島くんが"仲間"と呼ぶみんなへの愛の深さが大好きです。「みなさんも仲間です」「みんなで1つのAぇ! groupや」「ずっと隣おってくださいね!」という風にいっぱい言ってくれたのも嬉しかった。小島くんがリーダーで本当に良かったよ。「出逢ってくれてありがとう」はこちらのセリフです。これからも小島くんの夢がたくさん叶いますように。

 

とまあ急にそれぞれのメンバーにメッセージ的なのを書き始める始末ですが、1人1人に対して言いたいことがたくさんあるなって打ちながら気づきました。気づいたら"小島担"なだけじゃなく、"Aぇ担"にしっかりなっていたし、他のメンバーのこともどんどん好きになれた1年でした。

 

これからまだ、3年5年10年20年30年…一緒にお祝いすることができれば幸せです。というか、できるって思える。どんなに大きい壁があったって、世界が6人を裏切ったって、Aぇ! groupの心を信じていようと思います。

 

まずは2年目の間に大阪城ホールで単独コンサート!の夢が叶えられますように。個々に力をつけながら、それをどんどんグループに還元していけるといいな。個性の強い6人が集まって、例え「キラキラができない」と言われたって、「王道アイドルって感じじゃない」って言われたって、「自分たちが王道になればいい」、この言葉の通り自信を持ってステージに立っていて欲しいなと思います。超える!飛べる!売れる!世界を燃やすFirebird六人衆は最強だよ。

 

改めて、1歳のお誕生日おめでとう。みんなの大切な大切なAぇ! group!

 

これからもAぇ思い出をたくさん作っていきましょう!2年目も6人にたくさんの幸あれ!!!

 

 

 

いつも幸せをありがとう。

f:id:rheeeen26:20200218125850j:image

 

○ ボクたちがやっちゃってAぇ!んですか?

お久しぶりです!

アホみたいに書いてた時期もあったはてブロも全然書かなくなっちゃいました。けど今回に関しては!!!こんな素敵なライブのことを書き留めないわけにはいかない!!!という気持ちになったので書きます。あとから見返して懐かしみたい。Twitterに書くと鬼のような量になるので。

 

そう、先日千秋楽を迎えた

Aぇ!group First Live Tour 2019

〜ボクたちがやっちゃってAぇ!んですか?〜

です。マジで楽しかった。

 

(※セトリ順に感想述べるとかいう面倒なことをします(笑))

 

1.Firebird

やっぱり初のオリ曲1曲目に持ってきたな〜〜!!登場からすでにかっこいい。凱旋でも見た曲だけどあれは「振り合わせ」という体だったから、がっつり衣装着て踊ってる姿見るのは割と久しぶり。(映像では見たけど)今回衣装は末澤くんが担当したとのことやけど、あの白い布をはためかせる演出もそうなんかな?鳥の羽イメージしてるんやろうけど、メンバーの気合が入った表情も含めめっっっっちゃかっこよかった。オープニングからすでに最高。

 

2.Criminal

イントロかかった瞬間に叫ぶとかよりなにより

「ヤッッッバ………」

ってなった記憶。「狂愛3部作連続でやってほしい」とか酷なこと言ったりもしたけどCriminalは本当に素晴らしすぎるチョイス。似合わんわけがないよな… 小島くんの「火花が散る路地裏」から始まるのも最高。正門くん→小島くん→晶哉の順でソロパートがあるときにそれぞれちょっと次の人のこと触って動き出すあれも最高…… あと低音効かせてたのはリチャくんですか?めちゃくちゃかっこよかった痺れた… バンドトリオパートも弟組パートもあったの最高だったな。ゴリゴリかっこいい。

 

3.Secret Code

33分探偵!!!!(歓喜)(世代バレ)」

調べたら10年以上前のドラマでした。泣きそう。みんな33分探偵知ってます??堂本剛くん主演のドラマなんですけど、ドラマ開始3分くらいで事件の犯人がわかっちゃうんですよね。そっからどうにかドラマの枠分話を持たせる!!!っていうめちゃくちゃな話なんですけどまじで一生笑ってられる。見てほしい。それの主題歌です。(知らん) 数多あるKinKi Kidsのお2人の曲からこの曲選んだのまじで誰なの???天才なの???しかししっくりくる選曲だな。出だしの小島くんのお色気ムンムンなソロ最高だったよ〜〜〜!!個人的には最年少の晶哉に「過去は気にしないタイプだけれど」って歌わせたのも天才だと思う。というかなんせハットが最高。最高しか言うてへんな。何人か言うてる人見かけたんやけど、サビまでのパート全部弟組に任せたのもすごい良かった。一種の挑戦だったのかな…ダンスもかなり好みやったし、今回のお気に入り曲No.1かもしれん。好きです。

 

4.V.I.P.

「んん…?V.I.P.は2人でやらないと…?」って思った私がバカだった………めちゃくちゃ楽しいやんけ……………リチャくんの「Baby」が似合いすぎ。個人的には晶哉の「そうV.I.P.〜もっとそばで鼓動重ねたいよ」が優勝やったんですけど誰があのパートを最年少に…?(瀕死)小島くんの「本当の君感じたくて」も言わずもがな最高でした。さっきから最高しか言ってなくない?大丈夫?あと大晴の「そう君がMy V.I.P.〜」のとこの歓声やばくなかった??会場割れるかと思った。大晴も低音似合うな… V.I.P.ってやっぱ盛り上がるな〜!楽しかった!

 

5.T.W.L.

かわいい。

ここは天国か??めちゃくちゃ可愛い。弟組が鬼のように可愛い(私情)末澤くんのハモリがめっちゃ良い。あ、Aぇ。わっちゃわちゃのぐちゃぐちゃで楽しそう。あい、あいあいあいあいのとこ(雑)でリチャ末が手繋いでんのも可愛かったな。突然可愛いゾーンに入るわけではなくかっこいい曲から盛り上がる曲にうまいことシフトしてここまで持ってくる組み方が超上手いしどんどん会場のボルテージが爆上がりしていく。すごい。

 

そしてそのまま入る1人1人のサクッとした挨拶も良かったな〜〜〜!!!!

 

しっかり盛り上げて「最後までよろしくぅ!」ってかっこよくキメてくれるリチャくん

「ボクたちがやっちゃってAぇ!んですかっ!Aぇ!んですかっ!」って楽しそうに煽る晶哉

「俺たちとイチャイチャしようぜ〜!」って会場を沸かせる正門くん

「僕がせーの、って言ったらビバ!って言ってください、せーの!」\ビバァァァ!/で満足気に去るのが可愛い小島くん

「いった〜い痛いたいたい俺〜?」\大晴〜〜〜!!/これめっちゃやりたかったやつ。ありがとう。「大好きィ♡」って嬉しそうなのも可愛かった大晴

「フゥ〜〜〜!!!」っていう歓声を浴びてる姿が似合いすぎる聖夜様、じゃなくて末澤くん

 

みんなそれぞれ違って楽しかった!!!

 

6.desire

突然のしっとりきた………って動揺してたらリチャくんの歌い出しで息を呑む。これはおそらくユニット曲だよな、誰と………晶哉きたァァァァ(泣)2人とも鬼のように歌が上手い。表現力がすごい、ペンラ振るのも忘れそうなくらいほんまに聞き惚れた…「行かないで」って歌いながら切なそうに小さく手をのばす晶哉が天才…… 私は元々この曲のこと全く知らなかったけど2人が歌ってるのを見てすごく好きになったので、賛否両論あったけど素敵な曲に出会わせてもらえて嬉しかったです。意外な組み合わせではあったけどこの2人もっと見てみたいな!

 

7.Into Your Eyes

イントロ鳴った瞬間にもう「ヒィッ」って感じ(笑)案の定末澤くんや………って思ってたら正門くん出てきた………エッ末規ってことは残すはタイチェケンチャン(確定)(死)(混乱)そこはひとまず置いといて、とにかく悲鳴がすごい。会場割れそう。天カメの演出すげぇぇぇこんなんできるんや…って感動。末澤くんの細かい表情良かったなあ。あと正門くんのあのボタンの外し方は???なんですか???上手すぎません???18歳以下に見せたアカンやつ。どエロ。しかし似合うなあ…

 

8.パンぱんだ

意味わからんほど可愛い

ひたすら平和。可愛い。衣装までもが可愛い。根本的に顔が可愛い(?)ここは天国か?(2回目)匂わせ通りのタイチェケンチャンのパンぱんだ。もはやこれをカラオケでやってた事実が尊すぎてよくわからん。カラオケから出てきてくれてありがとう(合掌)とにかく天使がいっぱい出てくる…真ん中2人が一番天使やけど…最後のパ〜ンぱんだ〜で大晴に近寄られて顔背けながら照れてる小島くんの可愛さの破壊力。好き〜〜〜!!

 

〜コント〜

 

やっぱあるんやバラエティコーナー(笑)と思ってたらなんかエイトレンジャー的雰囲気を醸し出した…レンジャーモノ?とか考えてたらなんかやばいのがいっぱい出てきた(褒めてる)健タウロスになっててもかっこいいなどうなってんの?

 

 

 

ヨシ子ォォォォォォォ!!!(大歓喜)

 

 

初日ヨシ子出てきたときの歓声がまじで誰かカメラに向かって投げチューなり甘い言葉言うなりしたんか?のレベル。ヨシ子人気やばない??と言いつつ私もテンション爆上がりでした。ヨシ子との奇跡の再会。ヨシ子中心に進むストーリー。ヨシ子なんであんなおもろいん??強すぎる。最年少のポテンシャル出すぎ……惜しみなく出まくり……めっちゃおもろかった。斗亜晶哉の寸劇に混じるこた、ただの同期の時間。最高。毎回同じの見てるはずやのにアドリブ入れてくるからおもろい。とにかくさっきまでとのギャップがすごい。改めてバラエティコーナーでも強い6人やな。バラエティコーナーを小島くんが担当したと聞いて嬉しかったり。

 

 

9.LET'S GO WEST〜KANSAI!!〜

このなんかコント終わりに一曲!みたいなののしっくりくる感(笑)途中で着替えてくる衣装(エイトさんのお下がり?)めっちゃ可愛いねんけどこことMCでしか着てないのもったいないな。

 

座ったり立たせたりごめんねって言われながら入るMC(笑)真ん中で常にイチャイチャしてるタイチェケンチャン。もっとやれ。晶哉に前に立たれるとメンバーのことが見えなくなる末澤くん。最年長最年少可愛い。あとMCになると晶哉が急に末っ子で可愛い。お兄ちゃんたちにイジイジされて眉下げて笑ってる。可愛い。宣伝ごとがたくさんで本当に嬉しかったな〜〜!!

 

10.Lil Miracle

初めて生で見れたの!!!嬉しい!!!「鏡〜に聞〜くま〜でも〜ない〜んじゃ〜な〜い〜?♪」の琉巧ほんまめちゃくちゃ可愛い。キラキラやな…可愛いな… Aぇにもこんな曲やってみて欲しいな…うぅ…

 

11.100% I Love You

おかがくちゃん!!!!!!!!!(泣)改めて楽ちゃん歌がうんまい。「夜空の〜」の「の」が最高。(細かい)超平和空間。神山くんの「携帯の音が鳴った」が琉巧だったのもめちゃくちゃ嬉しかったな〜〜!!!!

 

12.アエテオドル

さっきのキラキラから急にガラッと雰囲気が変わる。最初タイトル見たときまじでネタ曲やと思ったから腰抜かした。衣装めっっっっちゃ好き!!!小島くんのロング丈!!!!!って思ってたらまさかの produced by 末澤誠也やった… え、そんなんもできんの???つよ… リチャ末!!!!って感じのフォーメーションも途中から晶哉がフード被ってんのとかもめっちゃ良い。え、めっっっっちゃ良い。大晴のめっちゃ韻踏んでるラップもだいぶ好き。さっきからめっちゃしか言うてない。配信に乗らんかったのめちゃくちゃ悔やまれるな。ギラギラなAぇさんたち。

 

13. DO NA I

どきな 主役が総取り〜〜〜〜!!!

「総取り」を巻舌で歌い、親指で自分のこと指すニコニコの小島くんがモニター映るねん。いやそら総取りやわ主役やわそうやわ。みんなどくわ。あと目が合って動けないのはこっちのセリフや晶哉。めっちゃ似合う。すごい似合う。腹筋バッキンマッチョなギャガー!\oh yeah!/ ラップ担当が大晴ってのがめっちゃいいよな……後ろで騒いでる5人も可愛いんよな……マチガイの恋でも素敵やん…………

 

14.えげつない

意味わからん楽しい。末澤くん「ここまで風くるぐらい扇いでみぃ!!!!!(高音)」に合わせて会場みんなが扇いでるのおもしろい。楽しい。ひたすら愉快。ご本家のを知らんかったので突然のラップバトルに混乱したけどエモ〜〜〜〜初日のコンビが各々エモすぎ。まさか全組み合わせやると思わんかったけど色んなの見れて楽しかったー!!!エビ反りも可愛かったです。

 

15.関西アイランド

これまた平和。楽しそう。ワチャワチャ。客降りで何度か小島くんを近くで見たんやけど顔がものっっっっっすごいキレイ(既知)関西のオリ曲を6人がメインでマイク持って歌ってるってのがな…なんだか幸せだな…いつだったか「人生はPartyや 最高にEnjoy 楽しまなきゃめっちゃ損やろ」でモニターに抜かれた小島くんが本当に楽しそうにニコニコしててあ〜楽しんでるな……って思って泣きそうになったんですけど全然泣く曲ではないので必死に堪えた。でも表情から楽しいが溢れてて幸せだったな。

 

16.UME強引オン!

初日、Aぇのみんなもどっかおると思って必死に探してた(笑)バンド準備のため捌けてました。斗亜ちゃんが可愛いのよ…いつも小島くんのうちわになんか言って終わるねん…いつも「ビバァ♡」って言うてたのにオーラスは「大好きです♡」って言ってた………小島くん聞いた?多分聞けてないな?斗亜ちゃんが大好きだってよ!!!!!!やったね!!!!!!あとこたがどんどんかっこよくなっててびっくりしました。

 

〜バンドインスト〜

晶哉のドラムから始まるバンドインストもめっちゃかっこよくて最高…かっこいい…

 

17.神様のバカヤロー

大晴ほんまにベース上手くなったなあ?!ベースソロの不安が全然なかった… 何回考えてもこの曲を作ったのがメンバーなことがやばい。センスがありすぎる。ナチュラルに末澤くんがアコギ参加するようになっててびっくりした。小島くんがこの詞を書いてそのうち1年になるんだななんて思いながら… 何回聞いてもやっぱりグッとくるものがある…

 

18.West side!!

末澤くんの雄叫びから始まるのめちゃくちゃかっこいい。「高く高く飛べるかい?」でめちゃめちゃ挑発的な顔でモニターに抜かれ上を指差す小島くんがかっこよくて毎回震えてた。「限界なんてきっとそんなモノない まわれ左してみてもいい メチャクチャは美学だぜ!」って最高にかっこいいな… リチャくん末澤くんに合わせてブンブン拳突き上げて超楽しかった!!!

 

19.S.E.V.E.N転び E.I.G.H.T起き

これも初めて聞いた曲なんですがめっちゃ楽しかった… 小島くんの「凹んでも凸る」担です。(1.2. 1.2.)のとこで高く掲げたてを☝🏻✌🏻☝🏻✌🏻ってする小島くんに合わせて毎回やってたな……あと晶哉が前にいるメンバーをめっちゃ楽しそうに見ながらドラム叩いてるのも印象的だった… 私はこの時点で汗だくですめっちゃテンションも会場内の温度も上がってない????まじでなんでもできるなこの6人!!!!

 

20.Fire Bird(バンドver.)

凱旋のときに初めて見てド肝抜かれたやつ。かっけえ〜〜〜〜!!!!音程を合わせて煽ってくれる末澤くんのおかげでめちゃめちゃ声出せる!!!あ〜〜楽しい!!!!みんなブンブン拳上げてるのにちゃんとAぇポーズするところでAぇポーズしてるのも楽しい。なんかもう総じて楽しい、全部どうでも良くなるくらい楽しかった。

 

21.バンバンッ‼(バンドver.)

久しぶりに聞いた「今高く掲げた指の 示す夢の先へ」にめっちゃ震えた。しかも末澤くんが歌ってる。かっこいい……… バンバンッ‼をバンドでやるんか?!ってなったけど超楽しい。いつかの公演で「やっぱ人生楽しめなきゃ嘘だろ?」のところでモニターに抜かれた小島くんが本当にニッコニコの笑顔で、その顔がずっと忘れれずにいる… 人生楽しめなきゃね… あれ?なんかさっきもこんな話したな?ギターとベースを持ったまま客降りしに行くというまさかの展開にびっくりしたけど、近くで演奏見れたのも楽しかったな。

 

22.ボクブルース

何回聞いても泣く

むしろこの曲を聞いて泣かない方法教えて欲しいってくらい毎回うるうるしてしまう。こんっな素敵な曲を作ったのが晶哉で、こんなに暖かくて愛のこもった歌詞を書いてくれたのが小島くんなんだ。泣いてまう。「今はただ 進もうよ 進もうよ」って歌ったあとに優しい顔で客席を見渡すリチャくんが印象的でした。小島くんはずーっと優しい顔してたな。オーラスで声を震わせながら歌ってくれた末澤くんも素敵でした。きっとこれからまたどんどんこの曲が思い入れのある曲になっていくんだろうな。多少辛いことあってもこの曲思い出したらやっぱり頑張れると思う。大好き。

 

 

23.ロマンティック

全員が2,3階行っちゃうから定期的に自担を見失ったし一切見えないからモニターで楽しむしかないこともあったな(笑)煽りのシャッフルも癖だらけで楽しかった!!なんせここから小島くんがメガネかけてくるのがマジで最高………誰???誰が決めたの???末澤くん???天才なの????

 

24.ええじゃないか

Aぇじゃないか〜〜〜〜!!!!サビの振り付けをAぇポーズに変えてるのも含めえげつなく可愛い。これはAぇやんけぇ!する日も近いな??ステージに1列になって揺れながらAぇポーズするAぇさんたち。ザ・平和。

 

25.ズッコケ男道(バンドver.)

またバンドに戻るんや!!!バンドで締めるんや!!!!と思いながらまた一緒に盛り上がってめっちゃ楽しかったやつ。あとせーちゃんけんちゃんのひたすらなイチャイチャ。小島くんのチューが見れただけでもやばかったのに末澤くんの頭に手添えてたのが意味わからんすぎて????末澤くんなんなん?????そのあとすぐ大晴のとこ行くやん!!どっちかにせえ!!!!ずるい!!!!!(そこ)最後まで最っ高に楽しかったよ……完全燃焼…………

 

 

 

とまあこんな感じで、最高とかやばいとか楽しいとかしか言えなくなるくらい、本当に楽しかったです。楽しかったなまじで…もう千穐楽が一週間前だなんてな…

 

ツアー中にお仕事発表がいくつもあって、宣伝タイムの量が増えていく幸せ。本当に勢いがすごいなあ。現場が終わる寂しさとともに、まだ関ジュのドームも春の松竹座座長公演も待ってる。個人のお仕事もたくさんあるし。すごいことだよね。

 

また改めて小島くんが作詞した2曲を聴くことができたわけだけど、‪神様のバカヤローでは「もうちょっと ちょっとでいいから 今ここにいさせてよ」だったのが、ボクブルースでは「大丈夫 ゆっくりでいいから 前に 前に 行こう」になったの、素敵だなあって思った。小島くんにグループという居場所ができて、焦りや不安が少しでも軽減されたのかな。

 

「今を生きてたいから、先のことはあまり考えたくないな」って昔は言ってた小島くんが、「大阪城ホールでコンサートをしたい。あの景色を自分たちだけで観てみたい。」って言ってたように、明確な目標を言葉にしてくれるように‬なったのもすごく嬉しかったです。「今を生きてたい」と言える小島くんもとっても好きだったんだけど、小島くんが今たくさん大きな夢や目標を口にしてくれるようになったことがとっても嬉しいです。正門くんが私たちに「一緒にドーム行きましょうね!」と言ってくれたときに小島くんが「絶対な」って言ってくれたの本当に本当に嬉しくて今思い出しても泣いちゃいそうになる。絶対行こうね、一緒に。

 

結成1年も経っていないグループが「ドームに立ちたい」だなんて気が早いわ、と思われてしまうかもしれないけど、それだけ大きな目標を掲げてくれることが嬉しいし、なんだか6人なら叶えてくれる気がするし、その景色の中にいたいなあと思います。「1列目の景色ってキレイやな」という小島くんの言葉も「ずっと俺らが最前列のコンサート、楽しくて仕方がない」という正門くんの言葉も聞いて、その最前列から見える景色がこれからどんどん大きくなっていくであろうワクワクを私まで感じました。いつか6人に大きい会場で、それぞれのメンバーカラーで会場が染まる瞬間を見せてあげたいな。

 

6人の作る空気が好きだし、6人が作るステージが好きだし、6人が私たちも仲間の1人として考えてくれてるんだなっていうのがたくさん伝わって、そこもまた大好きなところだなって思いました。リチャくんが「俺たちの方が大好きやぞ!」って言ってくれのも絶対忘れない…リチャくんがそんな風に言ってくれるの本当に嬉しかった。先日小島くんが連載で「ずっと隣におってくださいね!」と言ってくれたのも本当に本当に嬉しかった。6人はきっと私たちと同じ歩幅で進んでいこうとしてくれてるんだな。これからも隣にいさせてね。

 

さて死ぬほど長く書いてしまいましたが、とにもかくにもAぇ!groupからファンのみんなへの愛も、ファンのみんなからAぇ!groupへの愛もひしひしと伝わってきた素敵なコンサートでした。小島くんを好きになれて、Aぇ!groupに出会って、応援できる今がとっても幸せです。また次会えるのが楽しみだな。きっと6人は常にレベルアップした姿を見せてくれるんだよな〜〜〜!!!!!

 

ボクたちがやっちゃってAぇ!んですか?

Aぇ!んですよ!!!!!

全11公演、本当にお疲れ様でした◎

 

 

Aぇ!groupが本当に大好きだよ!!!!!

 

f:id:rheeeen26:20191220193100j:image

 

 

 

○ 拝啓 私の大好きなアイドル様

 

君を好きになって、860日目のことでした。いつか経験するかもしれないなと心構えはしていた、けどとうとうそんな日が来てしまいました。あってももう少し先かなあと思ってたな。

 

 

 

最後のファンレターです。

 

 

つい最近も友人に「もしこのまま松竹座立てんままやったら次会えるの1年後のツアバとかなんやけど…(笑)」なんて笑いながら話したところでした。そんなでも全然良かったな。君がアイドルじゃなくなることなんかに比べれば、ステージに立つ姿を年に1度でも見れれば良かったかもしれない。と思えるくらいにはアイドルの君が大好きでした。というか今もそう思ってるから現在進行形で好きってことなんだろうね。「吉岡くんの話してるときめっちゃ幸せそうな顔してる」って言われたことなんかもありました。実際君の話をしてるときは本当に楽しくて、こんなに素敵なの!!!っていくらでも伝えたくなってました。この夏はまたどんな位置だっていいから松竹座に立てますようにと願ってました。

 

 

たくさんの連絡を受けて震える手で開いたページ、並んだ数々のお酒、見たことのない写真、いつの間にか増えたピアス、知らない姿、かつての仲間からの「お久」という言葉。本人なのかと疑う余地もきっと違うと信じる時間すらも与えてくれなかったね。ナルシストなのも自撮りが好きなのも知ってたけどぽんぽんと挙げられていく写真のせいで一瞬にして本人だと認めざるを得ない状況が出来上がってたな。もう少し疑わせてほしかったよ。あと最初のツイートが「いぇい」なのも君らしいといえばらしいんだけどもうちょっとなんかなかったのかよ?という気持ちでいっぱいだったよ(小声)

 

 

前日にはまたかつての仲間の1人がインスタを始めたと噂になってたね。戻ってくるって信じてやまなかった子だったし大切な仲間の1人だったし、担当ではないながらに寂しいなあって凹んでました。もう一度君といる姿を見たかったなと思いました。それを受けて、いわゆる"DK組"の思い出に浸ってるところでした。まいジャニ、4人で出たのはone chanceとか愛愛とか、あれが最後だったかな。ハッピ着て4人で載った雑誌が最後だったかな。気づいたらもう2年前のことになるようで、驚きました。大晴と福井くんが戻ってきて、後は彼が戻ってきてくれれば!4人でまたいれるかも!!って思ったりもしました。それは大晴がグループに入った時点で叶わないとわかったんだけど。それでもまた揃った姿を見たかったな。彼がいなくてもいつも楽しそうにプチトマト飛ばしたりペリペリしてたから、帰ってくるの楽しみだったんじゃないかな。なんて色々考えながら、同時に君はよく戻ってきてくれたよなあと改めて思いました。君の復帰がわかった10月17日の時点でグループはまだなにわ男子しかなかったとはいえ、休んだ理由はおそらく学業でもないんだし、だいぶ逆境だったよね。よく戻ってきてくれたね。本当にありがとう。戻ってきた君に手紙を書いて改めて伝えられたことも見せてもらった景色もたくさんありました。君が一度でも戻ってくることを選んでくれたおかげです。

 

 

この先、君のことをよく知らず、今回Twitterだけを目にした人にはクソパリピってイメージしか残らないんだろうなと思うと悲しいです。まあ確かに見た目は派手な人だけど、優しかったね。姿を見せなくなった間にもファンレターの返信をしたり、安心させようとしてくれてたね。いつも「ありがとう」と「だいすき」を伝えてくれたね。ファンサもまとくんには負けるけど自分のファンを見つけては丁寧に構っているのをいつも見てたし、私もよく見つけてもらいました。絶対私なんかタイプじゃないのにごめんねありがとうね優しいね……………って思いながら噛み締めてました。梅芸で復帰してから初めてステージに立つ君を見たとき、ふわっと優しい顔で手を振りながら「ありがとう」って言ってくれたその姿をちゃんと知ってます。いつも堂々としてるけど、たまに自信なさげにしたり、緊張したら手をキュッて前に組んでキョロキョロしてて、そんな姿もたまに見ました。派手な人だけど、チャラいけど、それだけじゃなかったんだよ。もっともっとたくさんいいところがあるんだよ。そんなこと今言ったってどうにもならないんだけど。みんなの君に対するイメージが今の君に塗り替えられていってしまうこと、それが悔しいよ。本当に悔しい。

 

 

初めて君に目を奪われたとき、君はベースを弾いてました。すごく手元を見ながら弾いてたから、あまり顔は見えなかったけど雰囲気だけで心を掴まれたのを覚えてます。後々君が「吉岡廉」だとわかり、お顔もしっかり好きになってしまいました。君を担当にすると決めて初めて見たのはドームに立つ姿でした。絶対見えないけどうちわ持って挑んだっけな。謎選抜だったけどとってもかっこよかったな。DVDも何度も何度も見返しました。初めて迎えた春には、うちわを持ってないし前列でもなかったにも関わらず自分のことを見てると気づいたのか手を振ってくれて、首を傾げる私に「君だよ!」と言わんばかりに指をさしてくれたことも飛び跳ねる私にキラッキラの笑顔を向けてくれたことも忘れません。もうこの頃には大好きで、絶対自分で選ばなかったピンクの服を着るようになったし、無意識にピンクをよく選ぶようになってたよ。成人式の振り袖も淡いピンクを選びました。めちゃくちゃ浮かれてるよね。夏には赤チームで、仲間とは離れ離れになったけど爪痕たくさん残したね。赤のつなぎを纏った君がステージに現れた瞬間のあの感動も絶対忘れないよ。チーム入りが嬉しくって嬉しくって、真っ赤なネイルをして、母に「どうしたの?」と聞かれたくらいでした。いとも簡単に私の普通を変えていく人だったなって思います。できなかったことをできるようにしてくれた人だよ。手元ばかり見ながらベースを弾いてた君が真っ直ぐ前を向いてベースを弾く姿を見るたび、誇らしく思いました。頑張ってくれてありがとう。後々あれが君がベースを弾いた最後の舞台だったと知ることになるんだけど。ベースを弾いてるときが一番好きだったと言ってもいいくらい好きでした。ギラギラしてたね。死ぬほど幸せで、過去一で松竹座に通いつめた夏を超えて、1年の空白を過ごすことになりました。

 

 

戻ってきてくれてからはもう何があっても後悔しないようにと必死でした。梅芸ほんっと〜〜〜〜〜に楽しかったよ!!!!!今でも戻りたいなって話すくらい楽しかった。ハタチのお祝いもできてよかったです。久しぶりの君は相変わらずキラキラで、変わらず私の大好きなアイドルでした。ずーっと大事にしたい思い出の一つになりました。そして吉岡くんが久しぶりに松竹座に立つってのにクリパの手持ちがなくて見つかりもしなくて心が死んでた私を誘って連れて行ってくれたお友達、本当にありがとう。あの日が松竹座に立つ姿を見れた最後の日になりました。あのまま行けてなかったら今死ぬほど後悔してたと思う。あけおめのチケットを譲ってくれたお友達も、本当にありがとう。本当に人に恵まれて君に会いに行くことができていました。知ってる?そんなお友達に出会わせてくれたのも君なんだよ。たくさん大切なお友達に出会わせてくれてありがとうね。

 

 

君がくれた手紙の返事、大切に持ってます。飾ってます。きっとこれからもそのまま置いてると思います。「バンドでなんの曲したい?」って聞いたら「code」って答えてくれたね。錦戸くんのソロ曲で合ってるかな?それから何度も何度もその曲を聞いたし、ここのパートはこうがいいなとか色々考えながら演奏してくれる日を心待ちにしてたけど、叶わなかったな。一度しか回ってこなかった日誌も、なぜか君だけ回ってこなかったラジオも、もう一度出てほしかった公式写真も、なんなら戻ってきてから君の言葉を聞く機会ってほとんどなかったなあ。雑誌にも載らなかったし。もうなにも叶わないと思うと寂しいです。色々叶えてあげたいことあったなって、もっと行動すれば良かったなって思います。なんにもできないオタクでごめんね。

 

「家庭の事情でお金が必要」だと君は言いました。何があったのか知ることはできないと思うけど、どうにかなりますようにと願ってます。家族のこと大好きだもんね。その後どうなるかはわからないみたいだけど、SNSを始めた時点で休業という形ではないのだろうし、もうジャニーズJr.の吉岡廉くんにもう一度会うことはできないだろうなと思って、ちゃんと受け止めることにしました。やむを得ず去ることになってしまったのかな?君は去ることに悔いはなかった?もう少し、少しと言わずずっと、アイドルの君を見てたかったな。たまに振りがあやふやでヒヤヒヤしながら見てることもあったくらいなのに、復帰して間もなく振りの難しいCan't stopをキレイに踊りこなした君がすごくすごくかっこよくて、嬉しくてたまらなかったよ。ツアバ最年長として(神戸からはそうじゃなくなったけど)回った最後のツアー、楽しかった?憧れの流星くんとはたくさんお話できたかな?美味しいものたくさん食べれたかな?「5度目のツアーなんですけどほんまに何回立っても楽しいです!」と言ってくれていたと見かけたときは嬉しかったなあ。私が最後に見たのもツアバでした。君のうちわももう持てないんだね。やだなあ。

 

 

こんだけ長々書いたけど結局今思うのは、私は「アイドルの吉岡廉」がほんっっっっっっとうに大好きだし、その素敵だったキラキラした姿にも仲間との大切な思い出にも傷がついて欲しくないなってことなんです。前例があるからこそああはなって欲しくないなと思うんです。おそらく君が飛び込んだ新しい世界にはまた色んな人がいると思うし、そこで君もまた色んな経験をしていくんだと思うんだけど、どうか平和にというか、なんというか… 

アイドルの間に公式に貢げなかったお金を貢ぎに行こうとはサラサラ思わないし見守るだけなんだけど、どうか羽目外しすぎずに、お酒には気をつけて。とこれはただのオタクの言葉なので聞き流してください。君がまた大口開けて笑っていられればいいです。でも君がどれだけ素敵かってことを知ってるから、君のイメージがこれで悪くなってしまうことほど悲しいことはないです。なんて言っても私はアイドルの吉岡くんしか知らないんだけどね。私が見ていて、知っている姿が全てじゃないのはわかってるんだけど、好きな人が悪く言われるのは悲しいです。できるだけ早く違うこと始めてほしいなあ(小声)

 

 

君がくれたたくさんの思い出は、ずっとずっと大事にしていきます。今の君を見て色んな人が色んなこと言うと思います。でも誰が君を否定しようと、最低だとかなんだとか何を言おうと、私は君を応援できたことを心の底から誇りに思います。吉岡廉くんは素敵なアイドルでした。私の記憶の中ではずーっとずーっと、大好きなアイドルです。応援してきて何一つ後悔なんてありません。辛いこともたくさんあったけど君と、君の仲間たちに見せてもらったたくさんの夢、全部全部宝物です。ありがとう。まだまだ叶えたかったことがたくさんあったんだけどな。

 

 

私はもう新しい道に進んだ君に会いに行くことはできないけど、「見守って頂けると幸せです」なんて言われると見守らなきゃと思ってしまいました。だからそっと遠くから応援してます。どうか君は君らしく、残りの人生を悔いなく楽しんでください。約7年間という長い時間をアイドルとしての活動に捧げてくれてありがとう。どうだったかな?楽しかったかな?幸せだったかな?君にとって悪い思い出でないことを願っています。私も私でこのままオタクでいるし、色んな場面で君のことを思い出すこともきっとたくさんあるんだろうなと思います。それでもいつか笑ってこんなこともあったと話せたらいいな。ちょっとずつ前を向けるように頑張るね。

 

 

短い間だったけど、本当に応援させてくれてありがとう。アイドルでいてくれてありがとう。

アイドルは吉岡くんの天職だと今でも本気で思ってるよ。それくらい素敵だったよ。

 

もしももしもまた、アイドルになることがあるならその時はもちろん応援させてね。

 

 

じゃあね、私の大好きなアイドルの吉岡廉くん。

 

 

君にいいことばかりがありますように。

 

 

 

 

だいだいだいすきだよ。

 

 

 

f:id:rheeeen26:20190502174832j:image

 

 

 

 

 

◯ 進め 彼方へ続く道を

去年の春松竹、今日が千穐楽でした。

 

私が小島くんの担当になると決めた日から早いもんで1年経ったらしい。この1年で関西ジュニアがどんどん変わっていったのもあってか、異常なくらい早かった。去年の今ごろもう暖かかったと思うんですけど寒くない?早くもっと春になってほしいね。全然関係ないけど。

 

 

ゴロッと話は変わりますが、

遡ること1ヶ月と少し前、2019年2月18日。

 

 

母の誕生日でした。(知らんがな) 父が買ってきてくれたケーキを家族で分け合ってワイワイと母をお祝いしていました。何気なくTwitterを開いたら飛び込んできたグループ結成のお知らせ。そこにあった自担の名前。食べていたケーキが突如2つのお祝いの意味を持つことになりました。唖然としてたな。すぐに日誌も更新されててんやわんやだった。

 

 

正直、あってもまだ先だろうと思ってたグループ所属。なにわ男子が関西をどんどんと勢い付けてくれている中、次世代のLil かんさいもできたばっかりだったし。新たにどうにかしてグループを作ることはないんじゃないかなと思ってた。もし小島くんがグループを組むならきっとバンドとしてだろうとどこかで思ってる部分もあった。ご存知のとおりもんびば芸人なので、もんびばはどうなって行くのかなって不安は常に抱いてた。念願のグループ結成だったけどメンバーを見て最初は「????」と思わずにいられなかった。し、当たり前に批判は起こるなと思った。

 

 

嬉しいやらなんやらで放心状態でボケーッと過ごしてると突然グローブ座出演の噂が立ち、「いやいや(笑)」って思ってたらその数分後にはもう本当にグローブ座での公演が決まっていた。横山くんのプロデュース。ああなるほどな、と思った。それなら納得のメンバーだよね(笑)って。公演内容もなんだかすごいしなによりグループ決まって数時間で東京で単独やります!!!と言われて本当に混乱が止まらなかった。グローブ座だよ?まじで言ってんの?東京だよ?学生3人いるけど?嘘だろ?こちとら就活生だぞなんてこった(知らんがな)行くしかないんですけど。チケが鬼の倍率で手持ちがないんですけど。ええ。怖いです。行きたいな。行きたいなあちゃうねん、強い気持ちで行くねん!!!(古)

 

 

 

まだ好きになって1年のぺーぺー小島担ですが嬉しいことも悔しいことも色々ありました。いやまあお前が語ってんじゃねえと言われたらそこまでなのですが。なにわの結成、りとかんの結成。いつまでも推されてるのかどうなのか中途半端に扱われるもんびばが悔しくて。いいように使われるバンドが悔しくて。「本日はありがとうございました」と挨拶する後ろでキーボードを弾く小島くんはお辞儀もできない。一人の大事な出演者なのに?BGM担当じゃねえんだぞ主役の1人だぞ!と思ってた。取られてしまったMidnight Devilも悔しくて。梅芸のミッデビは見れなくてほとんどずっと下向いてたし局動画も未だに見れてない。どんどん前に出ていくなにわも、次世代を期待されるりとかんも死ぬほど羨ましかった。中堅はどうなるんだってこれでもかってくらい悔しかった。だからあんまりなにが決まってもおめでとうと言えないしそんな自分も嫌だった。

 

 

そんな風に感じてる中、念願のグループができた。単純に嬉しかったけどバカなので色々検索して意見を見たりしながら凹みに凹んだ。「なにわができたときはこんなに歓迎してもらえなかった」「おめでとうって言ってもらえていいよね」「批判されなくて羨ましい」なんてつぶやきも見たけど批判だって鬼のようにあった。誰かが喜べが誰かが悲しむって前にどこかでツイートを見かけたけど、その通りだと思った。自担のことをあいつ嫌いなのにと書かれたツイートを見たときはさすがにそっとTwitter閉じたわな。

 

やっぱりグループができると批判はつきものなんだなって感じたし、実際自分も「なんでこのメンバー?」って思ってた部分もあった。けど純粋に末澤くんやリチャみたいなスキルのかなり高い人と同じグループになれたことはすごく大きな転機だって思ったし、ワクワクもした、なによりとにかく祝福してあげたかった。

 

6人のことを好きになるのに思った以上に時間はいらなかった。

 

この間小島くんに出したお手紙に「最初は驚いたけど、思った以上にすぐに6人のことが大好きになった」と書いたけど、まさにこれだった。ISLAND TVで初めて見た6人揃った姿、Aぇポーズ、空気感。あまりにもすっと馴染む6人の姿を見ながら、いつの間にか6人のことが大好きになってました。なんか気づいたら小島くんがリーダーになってたのはびっくりしたけど(笑)(テレファンの対談内で決まってた)リーダーということはコメント求められる場面も出てくると思うし、任せてもらえたからにはしっかり頑張って欲しいな。苦手みたいだけど(笑)

 

 

お笑い路線で行くのかと思ってたから春松竹の初日のレポ見たときは開いた口が塞がらなかったし実際目にしたときもなんか「うわあ………………」みたいな言葉しか出てこないくらい圧倒されてあまりのギラギラさにボロボロ泣いて。小島くんほんとにかっこよかったな。末澤くんのことを応援してる子と2年間色んな話をして色んな場面を見てきたのもあって、真ん中に立つ末澤くんのオラオラ感とセンターとしての信頼感のハンパなさにも号泣しました。私このグループめちゃくちゃ好き!!!!って言いたくなるくらい素敵でした。

 

僕にとって初めてのグループ。初めてというのは特別感があります。佐野以外は後輩に先を越されたりして何かしら思うこともあったやろうし、僕もありました。"今後またグループが結成されることはあるんかな?"っていう不安もあった。でもこうやってメンバーになれたので、ほんまに6人で頑張っていきましょう。

(発売中のTV fan インタビューより)

 

私は勝手に小島くんはあんまり括りとかグループだとかそういうことにこだわりはないのかなって見ながら思ってて。(ごめんね)けどこの言葉を読んでそうじゃなかったんだな、と思って。このグループ結成が小島くんに与えた影響がどれほどかわからないけど、大きなきっかけになっているだろうなと感じました。グループできたね!わーい!だけじゃなくて、グループができたからこその責任、団結。グループの中でもちゃんと武器を持って戦っていかなきゃ埋もれること。これからもっと求められることは多くなっていくと思うけど、小島くんには小島くんにしかない色がたくさんあるから、それを思い切り出していけたらいいな。個人的にはお笑い面だけじゃなくもっと色んな小島くんをたくさんの人に見てもらえるといいなと思います。

 

 

好きになってから1年、みたいな話から死ぬほど話ずれたんですけど(笑)

 

 

ちょいちょい言ってるけど私小島くんが人としてすっっっっごい好きで。恋愛感情とかそういうわけじゃなくて尊敬できる部分がすごくあるというか、いち人間としてすごい素敵だなと思うんです。今まではアイドルはアイドルであるからこそ好きみたいなとこがあって。小島くんはもちろんお顔が好き、パフォーマンスが好き、アイドルとしての好きもすごく大きいんだけどそれ以上に人として好き。あかん語彙力がない。たまにちょっと先輩に対して無礼なことしかけるとこはあるんやけど(小声) 

けどやりたいことはやる みたいな取り組み方が好き。先輩からも後輩からも「小島」「小島くん」という言葉が良く上がるところも好き。もうとにかく好き。

 

Jr.時代っていい日々やなぁ…。まだまだ大きな目標があるんで『充実してる』なんて言うたらあかんのかもしれないけど、それぐらい笑ったり楽しんだりしてる、毎日

こんな風に小島くんがポッとジュニアの活動に対して口にしてくれる言葉の1つ1つから滲み出て来る人柄というか考え方というか……すごく好き……とっても楽しんで活動してくれてるんだなって伝わってくるし、もっともっと応援したい!と思うことがこの1年本当にたくさんありました。

 

リーダーとして、グループの一員として、嬉しいことも大変なこともこの先たくさんあると思うけど、頼れるメンバーに囲まれてると思うから無理せずこれからもどんどん活躍の幅が広がるといいな。"もっと皆さんが僕を見られる日を増やしていきます"って言ってくれてたけど、去年1年、秋も現場があったりかなり忙しい中大学と両立して頑張ってくれてたし、Aぇができてすでに単独公演、ラジオの週替わり出演、まちけん、ってどんどん増やしてくれててとっても幸せだなあ。

 

未だにフォロワーさんのフォロワーさんや、たまたま松竹で隣り合わせた方なんかに「誰が好きなの?」って聞かれて「小島くんと吉岡くんです」って答えると「えっ(笑)こじけん(笑)」みたいな反応をされることが多いのが悔しいんだけどまじで声を大にして言いたい、

 

こちらからすると誇らしくて仕方ないくらい素敵なんで!!!

 

もうこれに尽きる。本当に誇りです。

後悔したことも恥ずかしいと思ったことも何もない。小島くんは素敵です。

 

 

改めて、Aぇ!group結成おめでとう!

そして1年間たくさんの幸せをありがとう!

Aぇにとっても小島くんにとってもこの先困難よりも多くの幸せが待ってますように。まずは死ぬ気で単独探します(白目)

 

あのNeverから世界が変わって、小島くんのことを好きになって、Aぇ!groupという宝物をもらって、この先小島くんと、Aぇのみんなと見ていけるであろう景色がすごくすごく楽しみです。

 

ほんまに最近楽しくて、良いことばっかりで、オレもうすぐ死ぬんちゃうんかなと思うくらい。次々と良い思い出が走馬燈のように作られていくから、めっちゃ幸せですね

 

って言ってくれてたけど、本当にこちらのセリフで。幸せいっぱいです。素敵なメンバーに囲まれて、これからもっともっと幸せになってね!!!!!!!!!

 

 

いつもありがとう。

 

 

進め 彼方へ続く道を

風に向かって どこまでも

そこにはいつしか素晴らしい花が咲くでしょう

燃やせ 今を生きるすべてを

胸に秘めた憧れを

遥か希望の欠片を探して 広がる世界へ

 

 

f:id:rheeeen26:20190324142427j:image

 

 

◯ 囚人番号03のヘタレ詐欺師と過ごした夏

お久しぶり(でもない)です!

忘れないうちに、いや、忘れないんだけど、この夏の備忘録しとこやないかー!というところです。(ちなみに今留学に向かう飛行機の中)(きっと何日もかけて書くことになる)多分大して長くならない、いや長くなるかなあ(笑)けど去年の夏もはてブを書いてて、今読み返してみて、見返してみると改めて感じることも多いなあと思ったので、今年も書き残しておこうと思ったわけです。

では、始めます 𓂃

 

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

 

またその話か、と言われるかもしれないけど

私にとってま〜〜〜〜〜〜あ去年の夏の思い出は深い。深すぎる。(だいぶ前から繋がってくれてる方は去年の私の興奮具合を思い出していただけるかと)一生囚われるレベルのあれ(どれ)だったんです。自担にいなくなられた経験のある人はわかってくれると思ってるんですけどもうこればっかりは本当にどうにもならない。今年正直情報解禁されて「少年たち今年もやるで!」ってなったときはまじでどうしようかと思いました。冗談で誰かに、「私もし今年少年たちまたやられたりしたら行けないわ!(ケラケラ)」とか言ってたし。半ば冗談のようで冗談ではなかった。1年前の記憶を1年後にホイッて掘り返されても気持ちが追いつくわけないと思ったわけです。でも少年たちだった。なんかさわやかだけど少年たちだった。(なんでポスターあんなさわやかやったんやろな)

 

もしかしてガラッと内容変わるのかな?と思ったりもしたけど、でも「少年たち」と名乗る限りはまあ、大して変わらないんだろうと。あは〜んどうしよう。ちょっと一瞬頭抱えたけど、でも小島くんに会いたいし。行けねえわ!とは言ったものの「もしもそれが誰かの最後」なんてことがあれば(縁起悪いこと言ってすまん)死ぬほど後悔するのはもう痛いほどわかってるから、絶対なんてどこにもないから、行くことに決めました。どんなに蘇ったってきっと小島くんがなんとかしてくれる。案外大丈夫なのかもしれないし。

 

夏の始まりも近づき、雑誌で関西Jrのメンバーが「少年たち」について触れ始めた。「内容はそんなに変わらない」って多分誰かが言ったんですよね。オゥ。マジ?( ◜◡◝ )なんだよ変わんないのかよ変えてくれよ2年連続同じなのかよなんだよ普通にANOTHERしろよ(雑)ってちょっと心の中で荒れたりもしました。でもまあなんかびっくりするかもとか?色々言うし?案外変わってるんじゃない?ふんふん。大丈夫大丈夫。見れるよ普通に。

 

 

 

全然大丈夫じゃなかった!!!

 

 

全然、全ッ然大丈夫じゃなかったです。それ去年のまんまじゃん??って場面がめちゃめちゃあった。「ハァそのセリフ去年吉岡くんが言うてたやつぅ」「いやいやいやそれ去年もやってましたやん…」みたいなやつを見つけるたびに私的初日は泣きました。一人で入ってて良かったと思う、誰かと入ってたら絶対気を遣わせてた。いやまじで両隣の知らない人ごめん、引くわな、って思いながら俺たちは上等の時点でめっちゃ泣いた。全然泣く場面じゃねえ。小島くんを見てるのにあざとくピース決めたり新人看守の丈くんをおちょくる吉岡くんが横に見える気がした。「ここは吉岡くんこうしてたよね」「いつもここはあざとかったなあ」とかずっと考えてた。小島くんが赤チームじゃなくてほんとに良かったと思う。青でよかった。青でいてくれるだけでだいぶ救われた。

 

初日は劇中割とずっとグズグズしてたような気もするけど、でもおやすみ講座でめちゃめちゃに笑ってからはだいぶ楽になったし、やっぱり小島くん人のこと笑顔にする天才だよね!!!!好き!!!!!!ってどばーーーって好きが溢れて途中からもう1人でメロメロ(?)してた。かっこいいしかわいいしおもしろいしどこに欠点があるんってんだ。完璧だろうよ。またさらにさらに好きになりました。ほんとに素敵。コロコロ変わる表情からも目が離せなかったな〜!"ヘタレな詐欺師"という設定を守っているのかなんなのか、ほんとにケンカが弱くて(笑)仲間が殴られても助けに踏み出せないもどかしそうな顔をしてたり… 

 

「胸にバッジ付けてるやつはまともなんか?一流の大学に入ったやつはまともなんか?親になったやつはまともなんか?!」

 

このセリフ大好きでした。力強かった。

 

はいほーでは18年組のみんなと戯れてて

お兄ちゃん〜(;_;)ってなったし、

「パーティーや〜!😆」って言う声も顔も

めちゃめちゃに可愛かったなあ。

 

で、まあなんと言ってもMidnight Devil 。

 

衝撃

 

の一言に限るような気もするけどそんなことでは終わらせたくないので話します(笑)

「あれはユニット」「デビュー組の曲みたい」「強すぎる」「世界観が最高」…自分自身で目にする前にいろんな評価をTwitter上で見ました。知りたくて検索欄に「Midnight Devil」って打つと「Midnight Devil デビュー」って出てきて鳥肌が立った。なんだろうなんていうか吉岡くんもそうだったんだけど、限りなくデビューに近い!みたいな人を応援した経験がここ最近なくて。デビューしてほしいのは当たり前なんやけど強く「デビュー」を意識しながら応援するというよりかは「できればもっと前に」とか「できるだけ目立ってほしい」とかそんなことを考えながら応援してると言ったほうが正しいなみたいな感じで。いうたら小島くんは正門くんと2人セット、もしくは晶哉と3人?とかが多いし、デビューに近いとは言えないと思ってたし(十分すぎるほど前には出してもらってるけど)けど、今回この曲を大吾さん、正門くん、丈くん、大橋くんともらえたことで「こういう形もあるんだ」って知って「もしかしたら不可能じゃないのかも?」「できるかもしれない」って初めて思ってめちゃめちゃドキドキしました。ゾクゾクワクワク?もちろん複雑な気持ちもあるから100%嬉しいかと言われればそうではないんやけど、もし叶うなら、と思いました。そんな風にすら感じさせてくれるほどあの曲の世界観も5人の一体感もすごかった。間違いなく思い出の1曲になるし、もっとこういう機会が増えてほしいと貪欲にも思ってしまったし、歌い続けてほしいなと思います。秋も見たい。

 

もちろんMidnight Devilだけじゃなくて他の2曲も、それぞれの色が出ててワクワクしました。SUPER ROCKETのキラキラフレッシュ感。ああだからこの子たちは"次世代組"と呼ばれるんだなって感じました。キラキラって表現がこんなにも似合う曲ってある?って思った。歌詞とか的には私は一番すぱろけが好き!相変わらず私の推し(琉輝くん)は目立てる位置ではなかったけど、ほんとにいつも楽しそうに踊るし踊り方もキレイだし動きに無駄がないし、もっともっと他の人にも見てほしい。りゅき天才だから!!!!これまじで!!!!(大声)ノッフィナの大サビ前でぐるんぐるん高速ターン決めてるのも、しゆあげで一番後ろの列の真ん中にいるのも、めちゃめちゃかっこよかったよーーー!これからも琉輝くんを見守り続けたい所存です。

LET ME GOは、さすがるたこじ。としか言えないというか感無量(なんか違う)?圧巻?わかんないけど2人だからこそできる曲だなあと思った。大人の色気。いいなあ。小島くんもいつかあんな大人っぽい曲してほしいな。でもあの曲はやっぱるたこじだからこそいい気がする、というか3曲とも絶対あのメンバーのままがいい!!!と思うので今まで通りのメンバーにしてください(小声)

 

さてMidnight Devilの話に戻りますが(なぜ)

仮面外したあとにそれぞれ色んなお顔してますよね。舌を出したり舌なめずりしたり?私が観た限りでは小島くんは特に何もしてなかったけど。そう考えると小島くんってウィンク!投げチュー!みたいな典型的なアイドルの動きってしないよな、恥ずかしいのかな。

でもだから「熱いキスがしたい」って言いながら挑発的に指を動かしてみたり、それがきっと精一杯のかっこつけなんだろうな〜〜って思いながら見てました。そんな小島くんが好きなんだけどね!(結局)

 

Midnight Devilという曲が生まれる時代に生まれて良かったな〜〜〜〜!!彼が今日も「アイドル」であることが嬉しいなあ、って改めて思いました。学生とアイドル、2足のわらじ!!!大変だろうけど、きちんとこなしてくれてありがとう。

 

 

話がぶっ飛ぶけど(まじでぶっ飛ぶけど気にしないでください)鍵垢の方ではちらっとお話しましたが、実は少し前に偶然吉岡くんと街でばったり出会いました。姿を見たのは去年の8月ぶり!!!!少年たち2017私的千秋楽以来でした。ただ呆然とすることしかできなかったけど、目があったときに多分私がすごい顔してたんだろうな(笑)すれ違ったあとに振り返ったら彼もこっちを振り返ってました。ずっとずっと会えなくて苦しい思いをして、これでもかってくらい何度も泣いて、あんなにも会いたかった人がこんなに近くにいて、目まで合ってるのに立ち止まった足は動いてくれなかったし、まあ向こうも1人でいたわけではなかったし声をかけれる状況ではなかったんだけど。久しぶりに見た彼はそんなに変わってなかったけど、でもやっぱり私の大好きな「アイドルの吉岡廉」ではなくて、少し寂しくもなった。でもそこで何かがストンと落ちたように落ち着いて、なんだかもう大丈夫だ、と思うようになりました。そりゃもちろん、戻ってきてくれるのであればそのときはまた応援したいし、その気持ちは変わらないけど、大好きなのに変わりはないけど。シンメであった彼がSNSを始めたにも関わらず相変わらず表に現れないことでまだ期待を捨てきれていないのも事実ではあります。どうなっていようときっとずっと好きだから"元担"と表現することも避けてる。だって降りてないもん。私の中で吉岡くんはずっと大好きなアイドルです。吉岡くんを知らない人が増えてしまうのかと考えると悲しいし、だから定期的に彼の話をしたくなってしまうし、そういうとこは変わらないんだけど、でももう私は今の吉岡くんをなんにも知らないんだなって今の彼の姿を見て思って、違う道を進んだのならちゃんと応援したいと思うようになりました。そんなことがあって、この夏も越えて、小島くんは私の中で「吉岡くんの代わり」なんかじゃないと感じたし、こうして応援したいと思える人をまた見つけられたことで、「今が楽しい!今が好き!」と全力で言えるようになりました。私にとっては大きな変化。もちろん昔も大好きだよ!DK組のくれた思い出は私の永遠の宝物だと思う。ずっとキラキラしてるてでも、私的千秋楽にはもう泣くこともなかったし、「吉岡くんのいない少年たち」をしっかり受け入れられてたし、クソど新規だけど「私は小島担です!!」と堂々と言えるようになりました。

 

 

そんなこんなで1年前は想像もしてなかった小島担としての初めての夏が終わりました。夏の小島くんもほんっと〜〜にかっこよくて、相変わらず笑いをかっさらってて、もっともっと好きになりました…ありがとうしか言えないけど、いつもありがとう小島くん!☼ 

 

関西ジュニアのみなさん、素敵な夏を

ありがとうございました✓

秋はみんなで、梅田芸術劇場にいてください。

 

 

f:id:rheeeen26:20180902055424j:image

 

 

◯ 「ありがとう」じゃ足りない

6月25日です。

 

大好きな小島くん、19歳おめでとう !❁

 

とっても大人びてるから

相変わらずまだ10代なことに驚きます(笑)

 

30日間のカウントダウンもたくさんの方に

お付き合いいただき、楽しく終えることができました◎

ご覧頂いた皆さん、ありがとうございました💐

 

 

去年の小島くんのお誕生日といえば

吉岡くんの日誌更新でした…懐かしい。

仲良しのこじけん祝わんのかい!って思ったのは覚えてるけど、あの頃はまだ「吉岡くんと仲良しの同期」くらいの感覚しかなかったし、ほとんどちゃんと見たこともなかったから、自分がお祝いしたのかも覚えてないなあ………

 

 

 

1年後担当してるよ!!!

 

 

 

人生何があるかなんてわかりません。ほんとに。

 

 

あの日目線を奪われたのが小島くんで良かったと、小島くんの魅力に気づけてよかったと、今は心の底から思います。

 

下を向いたり後ろを振り返ったり、どうしようもなくなってしまってた私の顔を上げさせてくれたのも、しばらくお腹の底から笑えてなかった私をめちゃくちゃに笑わせてくれたのも、また毎日に輝きをくれたのも紛れもなく小島くんでした。

 

「小島担させてもらおうと思う」って言ったときはたくさんの人に驚かれたし、なんなら自分でもびっくりしたし、それくらい驚きの早さでスッと大好きになって、気づいたらここにいました。小島くんに関しては一目惚れでも何でもないし、ずっと知ってた人なのに突然落ちたわけで今でもとっても不思議なんだけど、ちゃんと見てみなきゃわからないことってたくさんあるんだなってこの半年くらいで気づけました。

 

「おもしろいイメージしかない」って、よく言われます。私もずっとそうだったけど、おもしろいんだけの人じゃないんです!もっともっといろんな面知ってほしい!ってド新規ながら思います。かっこいいとこもかわいいとこもたっくさんあるんです。私もようやく知れたんだけど。歌も上手いし、ダンスもここ最近ぐんぐん伸びてる気がします。お笑い面でも強いけど、小島くんは芸人ではないし、アイドルなの。アイドルの小島くんをもっと色んな人に見てほしい〜!って勝手に思います。アイドル兼大学生。二足のわらじを履く男なんだな。かっこいいなあ〜!!!!

 

 

話は変わりますが先日「花個紋占い」っていうものを見つけて、お誕生日ごとに違うものだったので小島くんのお誕生日でやってみたのですが、

6月25日の花個紋は

丸に鸚鵡花(まるにおうむばな)」というものらしく、

個意ことば(花言葉的なの)は、「存在」。

 

「そこにいるだけで相手の心を強くできる人。人一倍がんばり屋で、仲間を大切にするあなた。喜びも悲しみも共に感じ、そっと寄り添ってくれる人です。心が折れそうな時、思い出すのはあなたの笑顔かもしれません。

 

おお、小島くんだなあ、と思いました。

そこにいるだけで相手の心を強くできるっていうのは、勝手に私がそう感じてるだけなのかもしれないけど(笑)

先輩後輩同期、いろんな人との関わりがあって、色んなところで名前が挙がったり、

シンメである正門くんの大きなお仕事を「幸せ」と言うことができたり、仲間をとっても大事にできる人だなといつも思います。

優しくて暖かくて、愛される理由のたくさんある人なんだなと、好きになってからやっと気づけました。私もそんな人になりてえ。

や〜〜〜好きしかないな!!!!どうしよう!!

 

おそらく、やりたいことに真っ直ぐな人で

それでいてバランス良くこなせているのが

すごいなって、尊敬したりもします。

「ずっと今を生きていたいから、先のことは考えたくないなぁ(笑)」って言える小島くんは

今を全力で生きれる人なんだろうなあ。見習わないと。

 

そんなこんなできっと19歳の小島くんも今を全力で楽しんでくれると思うから、私もそれについて行きたい。まだまだ応援し始めたばっかりやけどこれからもたくさん見ていきたいな。小島くんがやりたいことをいっぱいいっぱいできる1年になりますように。

 

 

改めてお誕生日おめでとう ✿

生まれてきてくれて、この道を選んでくれて、

今もそこにいてくれてありがとう。

笑顔にしてくれてありがとう。

助けてもらった分、この大好きな気持ちも込めてたくさんたくさん応援して恩返しさせてね。

19歳の小島くんとたくさんの景色を見れるのを

楽しみにしています。

これからも頑張れ!なんて言えないから、

これからも楽しんでね!と言います。

19歳の小島くんに会える日を心待ちにしてるよ!

笑顔の絶えない素敵な1年になりますように𓍯

 

 

「ありがとう」じゃ足りない

うまく言葉見つからない

僕が今ここにいる 道を照らしたのはあなた

「ありがとう」じゃ足りない

この気持ち伝えたい

あなたに届く日まで 歌い続けるよ

 

 

2018.06.25

 

 

 

 

○ 涙が降る夜一人じゃない 教えてくれたんだ

 

お前またはてブロ書くのかよ…………

 

って思った皆さん。すみません。

手短にツイートで報告しようかと思って

下書き作ってみたりなんやかんやしてたけど

上手くまとまらないから

だったらはてブロの方が早いなという

決断に至ったのでまた書いています…

 

本題に移りますね。

 

 

春が始まる頃、アカウントを移動して

しばらく違う方に自分の好きを向けてみよう、

今見ていたい人を見る期間にしよう、と

決断をして、このアカウントに移動してきました。

その時から、春が終わるまでに

きちんと考えて決めようと思ってたことの

決断がちゃんとできました。

 

吉岡くんのいない春、

私は結局4回松竹座にお邪魔しました。

最初はなにやってんだろうなと思ってたし

半ばヤケクソに、今を見ようとしてました。

でも4回も足を運ぼうと思った

そもそものきっかけはやっぱり小島くんでした。

もう春が始まる頃には自分でもびっくりするくらいハマりこんでたし、

この春できちんと自分の気持ちの整理を

つけられたらと思いました。

 

で、結論なんですけど。

 

小島くんの担当をさせていただこうと思います。

 

だからと言って吉岡くんを降りるわけでも

なんでもなくて、掛け持ちになってしまうんですけど。バンド掛け持ち…我ながらとんでもないです…。

 

ただこの春小島くんをたくさん見て、

この人が好きだなと思ったし、

見ていて純粋に楽しい!ってめちゃくちゃ思ったし

公演が終わればまた次まで

「小島くんに会えるから頑張ろう」と

バイトも部活も頑張れたし

応援したいな〜、と真剣に思いました。

知れば知るほど、見れば見るほど素敵でした。

きっと吉岡くんが帰ってきてくれても

小島くんのグッズを買うのもやめないし

小島くんかっこいい(泣)って言い続けてるだろうし

ご存知の通り私は吉岡くんに対して激重のオタクなので

平等に、といけるかはわからずとも

小島くんのことも大好きでいるだろうな、

とこの春で思った上での結論です。

 

ほんまにとんでもない沼にハマったな…………

 

もうこの春のツイートを見て頂いていれば

わかるかと思いますが

ほとんど担当かのように生きてきてたので

つぶやくこともさほど変わらないかとは思います(笑)

ただ中途半端はやめてちゃんと担当として、

応援していきたいなと思いました。

 

で、あと1つ。(まだあるのかよ)

 

お察しの通り、長らくの推しの山本琉輝くん

これまたメキメキと成長しているのを感じた春でして。

夏は出番も少なかったし吉岡くんと出番被りも多かったし、

冬も冬で私は小島くんばっかり見てて

ちびたちだけの時くらいしか見れなかったし

ほとんどまあ見れてなかったんですけど…

この春割と小島くんと出番が被ってなくて

結構見れて。

大人っぽくなってたり、ダンスも表現力も表情も、私の記憶の中にある琉輝くんとはまた違っていて、うわーーーー!!!って感じで。(語彙力)

やっぱりもっと前に出てもいい子なのにな、と感じたり。

(ポスターも長らく載ってないし、まいジャニshow timeにももう長らく出てないんです)

今まで以上に、「この子はすごいぞ!」って

気持ちが大きくなってきて

明らかに琉輝くんのツイートをする回数も増えてて(笑)

うるせえなあという感じかもしれませんが

彼のことも引き続きゆるっと応援していけたらなあ、と思います。

 

 

よしこじ担の琉輝推しで生きていこう!

みたいな感じです、つまり。

 

DDじゃん!とか、チョロすぎだろ!とか

吉岡くんが帰ってこなかったときの保険じゃん

とか、思われるかもしれないな〜とは思いますが

それぞれにきちんと「応援したい」「見ていたい」と思える理由があるし

多分、そんなことあってはならないけど

「吉岡くんも小島くんも琉輝くんもいない関ジュの松竹座公演」

が存在する日がきたら、

私はきっともう足を運びません。

 

 

あーーーーー結局長くなってしまった!!!!

言い訳じみたことしか言えないけど

つまりは小島くんを本気でちゃんと応援していきたいと思うし、琉輝くんのことも引き続きうるさく言ってると思います!という話です!

 

こんなやつもう知らねえ🤷🏻‍♀️という方は

好きにしていただいて構いません!!

ごめんなさい。

自分の今の好きと向き合ってみた結果です。

 

 

3回生にもなるし、

4月になったら今よりゆるっとやっていけたらいいなと思います。

担当増やしておきながら言うことじゃないけど🤦🏻‍♀️(笑)

 

広く浅過ぎない程度に浅く、楽しませてくれる人たちを見て、頑張る力をもらえたらと思います。

 

 

改めまして、千穐楽おめでとうございます。

素敵な春を、ありがとうございました❀

f:id:rheeeen26:20180324191623j:image